NEWS

試練のHK社。ベルリン警察向け『SFP9』×24,000挺の大型採用案件に重大な欠陥が指摘

海外軍事 Comments(0)

Photo from Berlin Polizei
This photo is for illustration purposes only.
ドイツ銃器メーカー「ヘッケラーアンドコッホ(H&K)」社が勝ち取った警察向け大型納品案件について、雲行きの怪しい事態が報じられている。

「ビルド日曜版(BamS: Bild am Sonntag)」をソースに、国内最大手の日刊商業経済紙「ハンデルスブラット」が8日付けの記事で、「HK社は首都ベルリン警察から新制式ピストル『SFP9』×24,000挺の採用を獲得したが、最初のテストで重大な欠陥が見つかった」と報じている。
ビルドによると重大な欠陥として、①照準(照星・照門)調節、②弾倉の脱落を挙げており、これらによってベルリン警察の設定した品質管理試験をパスできなかったという。一方のHK社はビルドの記事を否定している。


Photo from H&K
ベルリン警察はこれまで37年に渡ってシグ社のP6(P225の制式名。P220のコンパクト版)を使用してきたが、陳腐化に伴い新たにHK社の9mm拳銃VP9を「SFP9 TR」として採用を決定。24,000挺の調達が計画されていた。またこのリプレイス計画では同時に、私服警官など向けにサブコンパクト版である「SFP9 SK」×450挺の調達もおこなわれる。

関連記事:
ドイツ・ベルリン警察 H&K社のVP9を制式拳銃に採用 シグ社のP6をリプレイス

週刊誌「シュピーゲル」のスクープに端を発し、今尚継続中のドイツ連邦軍向けG36アサルトライフルのリプレイス案件が記憶にも新しい中で起きた今回の事態。HK社については、折しも大手格付け機関の『ムーディーズ』が1段階格下げし、重大なリスクを指摘している。

関連記事:
大手格付け機関『ムーディーズ』がドイツ銃器メーカー『H&K』を『Caa1』に格下げ。重大なリスクを指摘

ベルリン警察向け24,000挺の案件は、連邦軍向けG36×167,000挺に次ぐ大型案件だけに、今後の情勢から目が離せない。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop