NEWS

シンガポール軍の装備・訓練一般公開にH&K MP7を利用する対テロ特殊部隊「SOTF」が初登場

海外軍事
シンガポール陸軍による装備・訓練の一般公開「AOH17(Army Open House 2017)」が、27日・28日を会期としておこなわれ、ウン ・ エンヘン(Ng Eng Hen)国防大臣の公式フェイスブックにその様子を収めた映像が公開された。シンガポールは今年が軍発足(National Service)開始から50周年の節目となる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    「ダイナミック・ディフェンス展示(D3: Dynamic Defence Display)」では、ホステージ(人質)状況下を想定した対テロ訓練に初めて特殊部隊「SOTF(Special Operations Task Force)」の隊員らが参加。SOTF隊員の手元には、大きなサプレッサーを備え、イオテック(EOTech)らしきオプティクスを備えたドイツ銃器メーカー、ヘッケラーアンドコッホ(Heckler & Koch)社製の短機関銃である「H&K MP7」の利用や、ヘルメットにはフランスのタレス・アンジェニュー製ナイトビジョンの装着が確認できる。


    Image from Instagram @sgpolsim



    Image from Singapore Ministory of Defense
    海外軍事情報サイトでは、「SOTFはこの1、2年の間にMP7を導入した」とみている。また、国防軍のサイトには、作戦内容に応じてHK416や、ベルギーFNハースタル製P90の使用も示されている。

    シンガポールのSOTFは、陸軍のコマンド部隊と、海軍の潜水部隊から成るタスクフォースで、テロの脅威に対抗する為、あらゆる状況にも対処できるよう2009年に創設されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アメリカ陸軍 MCX自動小銃100丁を含む多数の銃器をシグ社から購入
    フランス法執行機関向けGlock17ピストルとUMPサブマシンガンの購入契約
    アメリカ陸軍 催涙ペイント弾を撃ち出して暴徒を鎮圧する「VKS」の購入契約を締結
    フランス軍の新型歩兵装備
    アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始
    米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アメリカ陸軍 MCX自動小銃100丁を含む多数の銃器をシグ社から購入 (2018-07-20 12:05)
     フランス法執行機関向けGlock17ピストルとUMPサブマシンガンの購入契約 (2018-07-18 12:15)
     アメリカ陸軍 催涙ペイント弾を撃ち出して暴徒を鎮圧する「VKS」の購入契約を締結 (2018-07-18 11:16)
     フランス軍の新型歩兵装備 (2018-07-17 12:50)
     アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始 (2018-07-12 13:33)
     米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表 (2018-07-12 13:23)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop