NEWS

シンガポール軍の装備・訓練一般公開にH&K MP7を利用する対テロ特殊部隊「SOTF」が初登場

海外軍事
シンガポール陸軍による装備・訓練の一般公開「AOH17(Army Open House 2017)」が、27日・28日を会期としておこなわれ、ウン ・ エンヘン(Ng Eng Hen)国防大臣の公式フェイスブックにその様子を収めた映像が公開された。シンガポールは今年が軍発足(National Service)開始から50周年の節目となる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    「ダイナミック・ディフェンス展示(D3: Dynamic Defence Display)」では、ホステージ(人質)状況下を想定した対テロ訓練に初めて特殊部隊「SOTF(Special Operations Task Force)」の隊員らが参加。SOTF隊員の手元には、大きなサプレッサーを備え、イオテック(EOTech)らしきオプティクスを備えたドイツ銃器メーカー、ヘッケラーアンドコッホ(Heckler & Koch)社製の短機関銃である「H&K MP7」の利用や、ヘルメットにはフランスのタレス・アンジェニュー製ナイトビジョンの装着が確認できる。


    Image from Instagram @sgpolsim



    Image from Singapore Ministory of Defense
    海外軍事情報サイトでは、「SOTFはこの1、2年の間にMP7を導入した」とみている。また、国防軍のサイトには、作戦内容に応じてHK416や、ベルギーFNハースタル製P90の使用も示されている。

    シンガポールのSOTFは、陸軍のコマンド部隊と、海軍の潜水部隊から成るタスクフォースで、テロの脅威に対抗する為、あらゆる状況にも対処できるよう2009年に創設されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開
    ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開 (2017-09-22 10:41)
     ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表 (2017-09-22 10:15)
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)
     英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露 (2017-09-20 19:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop