NEWS

「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される

海外軍事

Photo from U.S Army WTF! Moments
2016年、パラシュート降下演習中にハンヴィー3両のパラシュートにトラブルが発生し、地上にそのまま落下した事件の動画がネットを賑わした。この事件について、降下前に貨物を管理していた担当軍曹が、サボタージュで処分された。

関連記事:
米軍、パラシュート降下演習中にトラブル。ハンヴィー 3 輌が次々と落下 - ミリブロNews

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    処分されたのは173空挺旅団のジョン・スキッパー軍曹。軍曹は降下直前、ハンヴィーのパラシュートのワイヤーをカットした疑いで1年前に告発された。そして今年5月、軍事法廷にて「軍の資産を損傷させたこと」「虚偽の証言をしたこと」で、最下級のE-1(二等兵相当)に降格の上、懲戒除隊となった。

    動機については不明だが、こうしたサボタージュ行為は平時にあっても懲役などもっと重たい処分が課された可能性もある。こうした軽い処分に留まった理由について、広報担当者は何も語っていない。なおこの事件で処分されたのは2人目。1人目は動画中、笑いながらこの事件を撮影していた軍曹で、既に文書による訓告処分を受けている。

    Source: Sergeant who sent 3 Humvees plummeting from plane found guilty - News - Stripes
    VIDEO: Soldier Who Deliberately Destroyed Airdropped Humvees Found Guilty, Discharged : The Two-Way : NPR
    Soldier convicted of sabotaging parachute straps in viral Humvee airdrop 'fail' video | SOFREP

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201805
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名の敵を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し
    「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)
     フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し (2018-06-18 21:04)
     「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決 (2018-06-15 16:22)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop