NEWS

「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される

海外軍事 Comments(0)

Photo from U.S Army WTF! Moments
2016年、パラシュート降下演習中にハンヴィー3両のパラシュートにトラブルが発生し、地上にそのまま落下した事件の動画がネットを賑わした。この事件について、降下前に貨物を管理していた担当軍曹が、サボタージュで処分された。

関連記事:
米軍、パラシュート降下演習中にトラブル。ハンヴィー 3 輌が次々と落下 - ミリブロNews
処分されたのは173空挺旅団のジョン・スキッパー軍曹。軍曹は降下直前、ハンヴィーのパラシュートのワイヤーをカットした疑いで1年前に告発された。そして今年5月、軍事法廷にて「軍の資産を損傷させたこと」「虚偽の証言をしたこと」で、最下級のE-1(二等兵相当)に降格の上、懲戒除隊となった。

動機については不明だが、こうしたサボタージュ行為は平時にあっても懲役などもっと重たい処分が課された可能性もある。こうした軽い処分に留まった理由について、広報担当者は何も語っていない。なおこの事件で処分されたのは2人目。1人目は動画中、笑いながらこの事件を撮影していた軍曹で、既に文書による訓告処分を受けている。

Source: Sergeant who sent 3 Humvees plummeting from plane found guilty - News - Stripes
VIDEO: Soldier Who Deliberately Destroyed Airdropped Humvees Found Guilty, Discharged : The Two-Way : NPR
Soldier convicted of sabotaging parachute straps in viral Humvee airdrop 'fail' video | SOFREP

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201805
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop