NEWS

シグ・サワー社の SIG P226 ピストルの取得を求める南アフリカの特殊部隊

海外軍事

Photo from SIG Sauer
Image is for illustration purposes only.
南アフリカの政府防衛機関と、首都プレトリアに本拠を持つ国営 (SOC: State Owned Company) 武器調達企業の「南アフリカ軍備公社 (Armscor SOC Ltd) 」が、特殊部隊用にシグ・サワー社 (Sig Sauer, Inc.) の P226 ピストル取得を掲げた入札情報を発出した。アフリカ地域で最大の防衛関連ニュースサイトである南アフリカ・ディフェンスウェブが伝えている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Capture screen from Armscor official website
    発出された入札情報によると、9x19 mm を使用する P226 × 70 挺と、そのそれぞれに対して専用の運搬ケースを付属させる他、暗闇での射撃に適したナイトサイト、15 発を装填するマガジン× 2 個の取得が記載されている。また、15 発装填のマガジンについては、スチール製、ポリマー製の両仕様が要求されており、各 150 個の供給が必要になることが示されている。

    同ニュースサイトでは、南アフリカ軍備公社が、過去にも SIG P226 の取得を求めていたことも明かされており、今回が初めてでは無いとしている。入札は、2017 年 2 月 8 日に締め切りを迎える。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop