NEWS

シグ・サワー社の SIG P226 ピストルの取得を求める南アフリカの特殊部隊

海外軍事

Photo from SIG Sauer
Image is for illustration purposes only.
南アフリカの政府防衛機関と、首都プレトリアに本拠を持つ国営 (SOC: State Owned Company) 武器調達企業の「南アフリカ軍備公社 (Armscor SOC Ltd) 」が、特殊部隊用にシグ・サワー社 (Sig Sauer, Inc.) の P226 ピストル取得を掲げた入札情報を発出した。アフリカ地域で最大の防衛関連ニュースサイトである南アフリカ・ディフェンスウェブが伝えている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Capture screen from Armscor official website
    発出された入札情報によると、9x19 mm を使用する P226 × 70 挺と、そのそれぞれに対して専用の運搬ケースを付属させる他、暗闇での射撃に適したナイトサイト、15 発を装填するマガジン× 2 個の取得が記載されている。また、15 発装填のマガジンについては、スチール製、ポリマー製の両仕様が要求されており、各 150 個の供給が必要になることが示されている。

    同ニュースサイトでは、南アフリカ軍備公社が、過去にも SIG P226 の取得を求めていたことも明かされており、今回が初めてでは無いとしている。入札は、2017 年 2 月 8 日に締め切りを迎える。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始
    イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か
    アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功
    NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始 (2017-06-27 14:09)
     イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か (2017-06-27 13:50)
     アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功 (2017-06-27 12:09)
     NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告 (2017-06-27 10:02)
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop