NEWS

爆発物・薬物の検知能力に優れた韓国製「クローン犬」がロシアに引き渡し

海外軍事 Comments(0)

Photo: Vadim Skryabin/NEFU via Siberian Times
禁断のペットクローン技術を牽引している韓国の研究チームの手掛けた「クローン犬」が、ロシア連邦サハ共和国の首都ヤクーツクにあるマンモス博物館で初公開となり、このほどロシア側に引き渡された。
動物クローン研究の最前線、世界初の動物クローン研究センターでもある韓国ソウルのスアム生命研究所 (Sooam Biotech laboratories) で、この道の第一人者として知られる Hwang Woo Suk 博士のチームが、ベルギーを原産とする 3 頭のベルジアン・マリノアのクローンを "開発" 。

シベリアのマンモスを使ったクローン研究をおこなっている同博士が今回手掛けた 3 頭はいずれも、韓国内で最も臭いを嗅ぎ分ける能力に秀でていた犬の能力を引き継ぐ「クローン・ドッグ」だ。クローン化された初のサービス犬となり、価格は 1 頭 10 万ドル (=約 1,140 万円) 也。

その優れた嗅覚から、爆発物や薬物の所在を探知する能力に期待が寄せられており、全ロシア軍事歴史協会で預かった後、法執行機関の需要に応えるよう、警察・治安部隊に配備されるとのこと。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
 ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達 (2018-09-19 14:51)
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop