NEWS

欧州のテロ事件を背景に、スペイン警察の特殊部隊 GEO が「HK417」× 50 挺を新たに調達

海外軍事

Photo: Grupo Especial de Operaciones / CNP
Image is for illustration purposes only.
スペインの軍事情報誌ディフェンサ (Defensa) などの国内報道によると、国家警察 (CNP: Cuerpo Nacional de Policía) 隷下の特殊部隊が最近、ドイツ・ヘッケラー&コッホ (Heckler & Koch) 社の開発した 7.62x51mm 弾を使用する自動小銃「HK417」を購入したことが示されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Capture screen: via Defensa
    フランス・パリ、ベルギー・ブリュッセルと、欧州に猛威を振るったダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL) 関連のテロ事件が背景にあり、その対策として新たに調達を決めている。

    今年 4 月の現地報道によると、調達数量は 50 挺とされ、内務省は一連の装備改善に関する取得予算として 155,855 ユーロ (=約 1,800 万円) を計上したことが示されている。

    なお、購入が取り沙汰されているのは、特殊部隊「GEO (Grupo Especial de Operaciones) 」。人質救出やカウンターテロを主務とする GEO は、1977 年に召集され、その翌年に発足。公式サイトによると、ドイツの警察特殊部隊 GSG-9 をお手本としており、その主な武装は以下の通り。


    Capture screen: via Grupo Especial de Operaciones


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始
    イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か
    アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功
    NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始 (2017-06-27 14:09)
     イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か (2017-06-27 13:50)
     アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功 (2017-06-27 12:09)
     NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告 (2017-06-27 10:02)
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop