NEWS

イラクの対テロ特殊部隊に稽古を付けるスペインの特殊部隊

海外軍事
ロシアアカウントの動画共有サービス上に、スペイン軍特殊部隊によるイラク軍の特殊部隊兵士に向けた稽古の様子を収めた映像が投稿された。

関連記事:
スペイン軍の特殊部隊がロシア製スナイパーライフル「ORSIS T-5000」を使ってイラク軍兵士を訓練

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    映像では、射撃レンジを使った基礎的なマンターゲットに向けた実射訓練の他、市街地での戦闘を想定した室内への突入、夜間ミッションといったものになっている。

    バグダッド作戦司令部 (BOC: Baghdad Operations Command) の対テロ部門 (CTS: Counter Terrorism Service) に対するものとみられ、これら一連の訓練は、国内で頻発しているダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIL, ISIS) のテロによる支配からの解放を掲げている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始
    イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か
    アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功
    NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告
    イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリア・NSW州がテロリストへの発砲要件を緩和、カービンの装備も開始 (2017-06-27 14:09)
     イギリス軍特殊部隊SASが対テロ用に「人体破壊専用弾」を導入か (2017-06-27 13:50)
     アパッチ攻撃ヘリコプターにレーザー兵器を搭載。レイセオン社が米陸軍・特殊作戦司令部の計画で試験を成功 (2017-06-27 12:09)
     NSWCクレーン研究所が接近戦用新オプティクス採用コンペを予告 (2017-06-27 10:02)
     イランがH&K G3からリプレイスを図る国産の新型アサルトライフル「ゾルファガール(Zolfaqar)」を発表 (2017-06-26 16:38)
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop