NEWS

NATO がラトビアの特殊部隊選抜過程映像を公開

海外軍事
NATO 公式 YouTube チャンネルに、勇敢な者が勝ち残る―、ラトビアにおける特殊部隊選抜過程の様子を収めた 13 分超の映像が公開された。

関連記事:
「トロイアの足跡 (Trojan Footprint) 」即応演習に参加する米・バルト三国の特殊部隊員映像


Photo from Summer Shield 2015 / NATO official flickr
Latvian soldiers practice at the range with suppressed Assault rifles.
Image is for illustration purposes only.
バルト三国の 1 つ、ラトビアの首都リガ郊外にある訓練施設で、特殊部隊の門戸を叩く男たちが厳しい選抜過程に臨む。肉体的・精神的な限界をテストされ、諦めることなく耐え、優れたパフォーマンスを残した者だけが、晴れて精鋭兵士の仲間入りを果たすことが許される―

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    第二次世界大戦の戦火が広がる中、1940 年にソ連に編入されて以降、50 年の年月を経た1990 年 5 月に独立回復宣言を果たしたラトビア。2004 年に EU そして NATO に加盟している。

    選抜過程を生き残った精鋭隊員には、カウンターテロや捜索救助、洋上着水、水中ミッション、攻撃・身柄拘束、空挺作戦といった任務が課せられる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop