NEWS

NATO がラトビアの特殊部隊選抜過程映像を公開

海外軍事 Comments(0)
NATO 公式 YouTube チャンネルに、勇敢な者が勝ち残る―、ラトビアにおける特殊部隊選抜過程の様子を収めた 13 分超の映像が公開された。

関連記事:
「トロイアの足跡 (Trojan Footprint) 」即応演習に参加する米・バルト三国の特殊部隊員映像


Photo from Summer Shield 2015 / NATO official flickr
Latvian soldiers practice at the range with suppressed Assault rifles.
Image is for illustration purposes only.
バルト三国の 1 つ、ラトビアの首都リガ郊外にある訓練施設で、特殊部隊の門戸を叩く男たちが厳しい選抜過程に臨む。肉体的・精神的な限界をテストされ、諦めることなく耐え、優れたパフォーマンスを残した者だけが、晴れて精鋭兵士の仲間入りを果たすことが許される―
第二次世界大戦の戦火が広がる中、1940 年にソ連に編入されて以降、50 年の年月を経た1990 年 5 月に独立回復宣言を果たしたラトビア。2004 年に EU そして NATO に加盟している。

選抜過程を生き残った精鋭隊員には、カウンターテロや捜索救助、洋上着水、水中ミッション、攻撃・身柄拘束、空挺作戦といった任務が課せられる。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』
アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か?
先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている
米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開
FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売
米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 戦場の最前線にお届け、ウクライナのピザ宅配サービス『ピッツア・ベテラーノ(Pizza Veterano)』 (2018-08-10 18:44)
 アフガニスタンでタリバンが「デルタフォース」仕様の『HK416』を鹵獲か? (2018-08-08 16:57)
 先進的な戦闘ブーツを輸出する一方、インド軍は130年前に設計された骨董品を履き続けている (2018-08-07 12:50)
 米軍SOCOMが採用したM4用新型サイレンサー一体型アッパーレシーバーの写真が公開 (2018-08-06 17:28)
 FN社 ドットサイト対応スライドとサイレンサー対応バレルを装着したタクティカル拳銃「FN509 Tactical」を発売 (2018-08-06 17:07)
 米国の銃器メーカー4社が同盟国軍向けカービンの納入業者に選定される (2018-08-06 16:45)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop