シュアファイア社が買い求めやすくなった「2211シグネチャー・リストライト」を発売

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from SureFire
米国のタクティカルライトメーカー、シュアファイア(SureFire)社が新製品「2211シグネチャー・リストライト(Signature WristLight)」の発売を開始した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from SureFire
    2211シグネチャーは、「腕時計」と「タクティカルライト」が一体化された製品。一般的なスティック型のタクティカルライトとピストルの組み合わせでは、その取扱いに熟練したスキルが求められていたが、腕時計型とすることでターゲット方向を確実に照射できるようになっている。


    Photo from SureFire
    同社お家芸とも言える高出力LEDと秀逸なリフレクターによって生み出される「マックスヴィジョン・ビーム(MaxVision Beam)」は、継ぎ目のないホワイト光で、最大出力300ルーメンを筆頭に、60、15ルーメンと3段階切替が可能。駆動はリチウムイオンバッテリーでマイクロUSBケーブルによって繰り返し充電でき、その残量を示すゲージも付いている。

    シュアファイア社のリスト型ライトと言えば、ミリタリーウォッチブランド「ルミノックス(Luminox)」とのコラボ製品「SureFire 2211 Luminox WristLight 」が記憶に新しいが、今回は文字盤に「SureFire」とだけ入っている。本国での価格もルミノックスとのコラボ製品が649ドル(=約7.2万円)であったのに対して、今回の独自ウォッチ版では199ドル(=約2.2万円)と買い求めやすい設定となっている。

    関連記事:
    待望の新商品「SUREFIRE 2211 Luminox WristLight」が国内販売に

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop