スウェーデン陸軍が新たにエイムポイント製「CompM5」「MPS3」の調達を契約

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Aimpoint AB
スウェーデン陸軍が、公開国際競争入札を経て、同国の光学照準器メーカーである「エイムポイント社(Aimpoint AB)」との間で新たな調達計画を交わしたことが明らかになった。
軍国防資材局(FMV: Forsvarets Materielverk)との契約で示されたのは、陸軍向けに調達されるレッドドットサイト「Aimpoint CompM5」と「Aimpoint MPS3」で、総額2,000万スウェーデンクローナ(=約2億6,700万円)を超える案件となっている。

受注発表の中でレナルト・リュングヘルト(Lennart Ljungfelt)社長は「スウェーデン軍が再び当社製品を選んだことを誇りに思う」「今回の受注は、当社とその製品に対する満足度によるものだと確信している」と述べている。


Photo from Aimpoint AB
CmpM5サイトは、同社最新のレッドドットサイトで、その操業の中では米国防総省が深く関わりを持っている。単四電池(AAAバッテリー)1本をその動力源とし、「最大5年間(または50,000時間)」の常時点灯を実現している。


Photo from Aimpoint AB
一方のMPS3(Multi Purpose Sight)は、中型・重火器用に設計されたパッシブ電子リフレクス・コリメータサイト。主に陸上車輌やヘリコプター、高速攻撃ボートへの搭載火器用に開発された製品。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop