NEWS

テーザー社がホルスターから銃をドローすると無線でボディーカメラが起動する「アクソン・シグナル・サイドアーム」を発表

海外軍事

Photo from Axon
This photo is for illustration purposes only.
米アリゾナ州スコッツデールに本社を構えるテーザー・インターナショナル社(TASER International, Inc.)が、ホルスターから銃が取り外された際にアクソン・ボディーカメラに通知する、初のワイヤレス・センサー「アクソン・シグナル・サイドアーム(Axon Signal Sidearm)」を発表した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from TASER International
    ホルスターから銃をドローすることが引き金となってセンサーが起動し、30フィート(=約9メートル)の範囲にある全てのアクソン・カメラの録画を開始する。ワイヤレス起動となっているため、ポリスの動きを妨げることが無く、既存の殆どのホルスターとの互換性を持つとのこと。

    コイン型電池によって、1年半に渡る使用が可能で、残量が少なくなるとアクソン・ネットワーク経由でユーザーに対して自動的にアラートされる。

    このシグナル・サイドアームは、今年2017年第三四半期に購入可能となる予定。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する
    「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは?
    作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」
    ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される
    ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」
    フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍の「ゴールデン・ハープ」は救命のカギを握る重症外傷発生の1時間を最大化する (2017-08-18 12:01)
     「ライフルグレネード」を愛用するフランス軍。その理由とは? (2017-08-18 11:42)
     作戦遂行能力の向上を図る、フランス軍の「戦闘員2020プロジェクト」 (2017-08-17 07:11)
     ピカティニーレールでモダナイズされた中国人民解放軍制式小銃「QBZ-95-1」が目撃される (2017-08-17 06:53)
     ウクライナ生まれのAR-10クローン「Zbroyar Z-10」 (2017-08-17 06:38)
     フランス軍特殊作戦司令部(COS)プロモーション動画 (2017-08-17 06:24)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop