モダン戦闘ヘルメットの拡張性を高める TNVC のモホーク・カウンターウェイト・システム

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo: TNVC Mohawk Counterweight
ヘルメットが頭部を防護するだけのものであったのは、今となってはもう昔の話。現在主流となっているモダン戦闘ヘルメットは、ナイトビジョン装置の取り付けおよびその電源供給だけでなく、足元を照らすためのガイドライトや、敵味方識別のためのストロボビーコン、各種電子デバイス用の予備バッテリーホルダーなど、様々な拡張性が要求されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    そして今回 TNVC から新たに発売される「モホーク (Mohawk) ヘルメット・アクセサリー・リテンション・カウンターウェイト・システム」は、そんな現代の戦闘ヘルメットに要求される機能を満たす製品となっている。


    Photo: TNVC Mohawk Mk1 (L), Mk2 (R) Counterweight
    形状は「モホーク」の名が示す通りの「モヒカン」。バンジーコードを使ったリテンションコードによって、頭部に取り付ける S&S プレシジョン マンタやコアサバイバル ヘルスターなどのストロボライトが不用意に落下しないような配慮がなされている。


    Photo: TNVC Mohawk Counterweight
    また、T 字型の後端部には、ヘルメット前部に装着されるナイトビジョンの重さを相殺するための、カウンターウェイト用ポーチを配している。

    TNVC Mohawk Mk1 では、CR123 や AA (単三) バッテリーを固定するエラスティックバンド式のホルダーを内蔵するだけでなく、それに代わって様々なアウトドアシーンで活躍するマルチツールを収納することも可能。加えてポーチの外装上部にもバッテリーを固定するためのエラスティックバンドが配されており、緊急度に応じて使い分けることができそうだ。

    ANVIS バッテリーボックスに専用設計されたポーチを有する TNVC Mohawk Mk2 も同時にラインナップしている。

    本国での価格はいずれも 59.99 ドル (=約 6,800 円) となっている。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop