TROYのレトロラインに「MK12 Mod1」「M16A2 SFOD-D Carbine」が登場

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from TROY Industries
今や一流のガンメーカーへと成長したTROY。
そのTROYのRetro Lineに興味深い新製品が追加される。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    M16A2 SFOD-D Carbine

    Photo from TROY Industries
    アッパーはA1タイプだが、俗にいうA2カービン。
    1993年10月に発生したモガディシュの戦闘・・・そう、映画『ブラックホーク・ダウン』をインスパイアしたモデルだ。

    Photo from TROY Industries
    仕様としては、A1アッパー、ラージフォワードアシストノブ、14.9インチバレル+A2ハイダー(ウェルド)、カービンハンドガード(シングルヒートシールド)、4ポジションストック、2ポイントスリング+キャリングハンドルマウント+2.5インチレイルが付属・・・といったところ。

    民間モデルなので16インチバレルという点は仕方ないが、後のM4に続く1990〜2000年代を代表するカービンといえる。

    MK12 Mod1

    Photo from TROY Industries
    こちらはSPR(Special Purpose Rifle)としても知られる精密射撃に特化したM4/M16のバリエーションモデル。

    映画『ローン・サバイバー』に登場して話題となったのはご存じの通りだが、それ以前からCOLTやBCMなどいくつかのメーカーからSPRモデルとして発売されていた人気の高いARといえる。


    Photo from TROY Industries
    仕様は18インチのステンレスヘビーバレル、OPS製マズルデバイス、4面レイルのフリーフロートハンドガード、A2バットストック、Ergo製グリップ、2ピーススコープマウント、Harris製バイポッド、2ポイントスリングが付属。

    一般的にSPRの定義として「18インチのヘビーバレル」に「ライフリングに合わせた位置に空けられたガスポート」「OPS製のサイレンサー対応マズルデバイス」などの項目がいくつかある。

    このモデルではそれらを過不足なく盛り込んでおり、単なるネームモデルではないことが伺える。

    今までも「XM177E2」や「GAU-5/A/A」などで好評を博しているTROYのレトロラインだが、今回の新製品によってベトナムモデルだけではなく他年代のARもラインナップされる可能性が高い!と話題となっている。

    Text: 乾宗一郎 - FM201703

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ニコンが「ナショナル・ライフル・リーグ(NRL)」の初タイトルスポンサー就任を発表
    カラシニコフの銃身をフルフロートにする改造キット「SAG AK CHASSIS MK2」
    クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル
    ストリームライト社が「micro USB」端子内蔵の充電式電池を新発売
    MADサバ vs DRESS & GUN!「終末装備手作りマッチ」を取材してきた
    手元のレバーで自由に伸縮できるAR-15用ストック「XOP Stock」
     ニコンが「ナショナル・ライフル・リーグ(NRL)」の初タイトルスポンサー就任を発表 (2018-02-22 19:03)
     カラシニコフの銃身をフルフロートにする改造キット「SAG AK CHASSIS MK2」 (2018-02-22 18:22)
     クライ・プレシジョン社の「G4」次世代コンバット・アパレル (2018-02-20 19:02)
     ストリームライト社が「micro USB」端子内蔵の充電式電池を新発売 (2018-02-20 14:09)
     MADサバ vs DRESS & GUN!「終末装備手作りマッチ」を取材してきた (2018-02-19 16:29)
     手元のレバーで自由に伸縮できるAR-15用ストック「XOP Stock」 (2018-02-16 12:14)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop