【海外エアガン】G&Gが新型メカボックス「G2」を開発中、詳細はクリスマスに発表か

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Image: G&G New G2 Gearbox via official FaceBook
台湾の大手エアガンメーカーであるG&Gが新型のメカボックス「G2」を開発中です。
同社のfacebookで写真が発表されましたが、詳細は2016年の12月25日、クリスマスに公開されます。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Image: G&G New G2 Gearbox via official FaceBook
    高品質なG&Gの新型メカボ・・・というだけで期待してしまいますが、現状では上記の画像の通りver.2タイプで「クイックチェンジスプリング」「ダブルOリング付きノズル」「厚さが半分になったアルミCNC製のシリンダーヘッド」くらいしか情報がありません。

    しかしAirsoftologyがyoutubeにアップした動画でプロトタイプを解説しています。
    First Look at the G2 Mechbox Prototype from G&G | Airsoftology Review
    メカボックスは亜鉛合金製で各部に補強の入った強化タイプのようです。


    Capture screen: Airsoftology YouTube channel
    なお、後方配線の途中にMOSFETの基板がありました。
    そして気になるのはこの部分。

    Capture screen: Airsoftology YouTube channel
    「1」の部分はマガジンと「2」のスイッチはボルトキャッチレバーと連動するスイッチ。つまり一定弾数を発射すると疑似ボルトストップがかかる仕様だと思われます。

    もちろんトリガー部には電子制御の基板が内蔵されており、フルオートとバーストショットの切り替えも可能となっているようです。

    年末年始のタイミングでこのG2メカボックスを搭載した新製品が登場するのでしょうか。気になる人も多いと思いますが発表まであと少し、期待して待ちましょう。

    Text: 乾宗一郎 - FM201612

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表
    ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近
    コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」
    元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』
    デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定
    半径7mに最大92発のBB弾を撒き散らす。市場初の「跳躍地雷」型エアソフト製品『Enimine』が登場
     ライカ(Leica)が軽量コンパクトで明瞭な赤色ドットサイトを備えた新製品『TEMPUS ASPH.』を発表 (2018-04-19 16:37)
     ガスブロM4を心ゆくまで撃ちまくれる外部ガスアダプタ「H-Mag」が登場間近 (2018-04-13 19:15)
     コバルト・キネティクス社の超未来的かつ所持規制を回避できるAR-15クローン「Model 27」 (2018-04-13 19:05)
     元特殊部隊員が灼熱のイラクでの経験を活かして開発したノンシュガー飲料『Vitamin1』 (2018-04-13 17:28)
     デンマーク国防軍の新制式ピストルに『SIG P320 X-Carry』が選定 (2018-04-13 14:22)
     半径7mに最大92発のBB弾を撒き散らす。市場初の「跳躍地雷」型エアソフト製品『Enimine』が登場 (2018-04-12 16:04)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop