【海外エアガン】G&Gが新型メカボックス「G2」を開発中、詳細はクリスマスに発表か

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Image: G&G New G2 Gearbox via official FaceBook
台湾の大手エアガンメーカーであるG&Gが新型のメカボックス「G2」を開発中です。
同社のfacebookで写真が発表されましたが、詳細は2016年の12月25日、クリスマスに公開されます。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Image: G&G New G2 Gearbox via official FaceBook
    高品質なG&Gの新型メカボ・・・というだけで期待してしまいますが、現状では上記の画像の通りver.2タイプで「クイックチェンジスプリング」「ダブルOリング付きノズル」「厚さが半分になったアルミCNC製のシリンダーヘッド」くらいしか情報がありません。

    しかしAirsoftologyがyoutubeにアップした動画でプロトタイプを解説しています。
    First Look at the G2 Mechbox Prototype from G&G | Airsoftology Review
    メカボックスは亜鉛合金製で各部に補強の入った強化タイプのようです。


    Capture screen: Airsoftology YouTube channel
    なお、後方配線の途中にMOSFETの基板がありました。
    そして気になるのはこの部分。

    Capture screen: Airsoftology YouTube channel
    「1」の部分はマガジンと「2」のスイッチはボルトキャッチレバーと連動するスイッチ。つまり一定弾数を発射すると疑似ボルトストップがかかる仕様だと思われます。

    もちろんトリガー部には電子制御の基板が内蔵されており、フルオートとバーストショットの切り替えも可能となっているようです。

    年末年始のタイミングでこのG2メカボックスを搭載した新製品が登場するのでしょうか。気になる人も多いと思いますが発表まであと少し、期待して待ちましょう。

    Text: 乾宗一郎 - FM201612

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    元ネタ、俺。架空設定装備を軸とした異色のゲームイベント「FICTION WARRIOR」が開催
    「アメリカン・スナイパー」の脚本家の初監督作『Thank You For Your Service』
    スマホ型折り畳み式ハンドガン「Ideal Conceal」の内部構造を紹介する動画
    イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
    ミリタリーショッピングイベント、第15回MINIMIRI立川が開催
    7月29日(土)・30日(日)開催、「MMM2017JUL」軍装キャンプイベント募集開始
     元ネタ、俺。架空設定装備を軸とした異色のゲームイベント「FICTION WARRIOR」が開催 (2017-06-26 20:30)
     「アメリカン・スナイパー」の脚本家の初監督作『Thank You For Your Service』 (2017-06-23 19:57)
     スマホ型折り畳み式ハンドガン「Ideal Conceal」の内部構造を紹介する動画 (2017-06-22 18:39)
     イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定 (2017-06-22 15:18)
     ミリタリーショッピングイベント、第15回MINIMIRI立川が開催 (2017-06-20 14:36)
     7月29日(土)・30日(日)開催、「MMM2017JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2017-06-20 13:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop