何かとスゴイことになっている「田村装備開発」に行ってきた!!

国内軍事関連レポート

今回はみなさんご存知の「田村装備開発株式会社」へ社会見学に行ってきました。
広大な敷地に塾生寮、道場、ラペリング搭、CQBハウスなどの施設を有する「田村装備開発株式会社」を写真でご紹介。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    田村装備開発株式会社は元警察官の田村社長が平成20年に創業した官公省庁職員(警察官・自衛官・消防官など)を
    対象とする装備資器材の開発販売やラペリングやCQBなどの特殊技能訓練を提供する会社である。

    詳しくは公式HPで → http://www.tamurasoubi-training.com/

    取材した日はサバゲーマーを対象とした座学とCQBトレーニングが実施されていた。
    官公省庁職員などを対象とした専門的な特殊技能訓練以外にもサバゲー初心者を対象としたレクチャーも行っており、
    一見敷居が高い印象を受けるが受講者の練度に応じた柔軟で幅広いカリキュラムが準備されている。
    本社社屋一階の商品展示エリア
    オリジナル商品以外にも選りすぐりのプロツールが盛り沢山
    商品展示エリアの奥には「ARC'TERYX LEAF」などの官公省庁向け商品がズラリ




    塾生用宿泊施設(家屋型トレーニング施設を兼ねている)
    本社社屋(左)と塾生用宿泊施設(右)
    約1,600坪の広大な敷地
    自家製ピザ釜発見!

    格闘技道場「凛誠館」の外観



    道場の隅には囲炉裏が!

    本社敷地から少し離れた場所にある「特殊訓練施設TTC」の事務所。TTCの敷地面積は約1,000坪
    事務所側からはTTCのシンボルとも言えるラペリング搭が見える

    狭所訓練用の巨大なパイプ
    巨大コンクリート壁はボルタリング施設となっている


    地上20mのラペリング搭
    今回のスペシャルゲスト・乙夜さん「こちらが最上階でございます♪」
    見下ろすと奥にCQBハウスが見える
    降下訓練施設の最上部から望む景色
    最上階の隙間から下層部(15m)を覗き見る



    CQBハウスの外観





    CQBハウス内部の様子 通路と小部屋で構成されており迷路の様



    ブリーフィング中の長田部長(元陸上自衛隊特殊作戦群所属)


    CQBトレーニング中

    生徒さんの挙動を見守る長田部長。終始アドバイスの声が飛ぶ
    生徒さんたちの様子を上から激写中の乙夜さん
    一進一退の攻防戦



    CQBハウス入口で行われた田村社長のデモンストレーションとレクチャーの様子
    助手のウォッカさんと田村社長と乙夜さんとで記念撮影
    いろいろとご案内頂きありがとうございました!!

    最後に「田村装備開発」新製品のご紹介
    オリジナル・タクティカル・グローブの第三弾「CQB Tactical Glove Model 3」
    CQB戦闘に特化しており耐刃性・耐火性に優れロープ降下での使用も可能。
    最高級牛革を採用しており非常に柔らかい。
    ブラックと国防カラー(OD)の2タイプ。
    ブラックは射撃に特化した薄めの生地、国防カラー(OD)は強度を重視した厚めの生地で作られている。。
    尚、国防カラー(OD)は数量限定モデルなのでご注意を。

    詳しくは→ http://tamurasoubi.co.jp/products/detail428.html


    写真は国防カラー(OD)タイプ

    ブラックに比べて皮が厚めではあるが、ハンドガンを構えてみたところ絶妙な厚みでビックリ!イケテマス♪

    突入時に手首から入るガラス片などを考慮したデザイン。現場の声が反映されている。

    ブラックタイプは乙夜さんのブログにレビューが掲載されてます。
    http://miridoru.militaryblog.jp/e560320.html

    TEXT : I.Yugeshima
    PHOTO : I.Yugeshima & MILITARY BLOG

    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
    『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム
    オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝
    新装備が盛り沢山、『水陸機動団』の新編行事が報道公開
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
     米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象 (2018-05-18 18:23)
     『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム (2018-05-10 17:23)
     オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝 (2018-05-07 10:34)
     新装備が盛り沢山、『水陸機動団』の新編行事が報道公開 (2018-04-12 11:08)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop