NEWS

一気呵成に敵地を制圧、ロシア企業が最低地上高 50m からの降下に対応するパラシュートを開発中

海外軍事 Comments(0)

Photo: from Технодинамика
Image is for illustration purposes only.
ロシアの国営ハイテク企業グループであるロステク (Rostec) 傘下のテクノディナミカ・ホールディング (Технодинамика Холдинг, Technodinamika Holding) 社が、極低高度 (ultra-low altitude) からのジャンプに対応する特殊なパラシュートの開発を進めている。

Photo: from Технодинамика
この新たなパラシュートは「Shturm」と名付けられ、地上 80 メートルからの降下、および将来的には地上 50 メートルからの開傘・着地を可能とする。

「火砲や空爆を使って敵地に攻撃を仕掛けた際、敵の士気を挫いて一気呵成に制圧を試みるに当たり、部隊の展開は一刻を争うものとなる。その際に、こうした極低高度から兵士を降下させるパラシュートを備えておく必要性がある」、テクノディナミカ社傘下の科学研究所でパラシュートのデザインと生産を監督するドミトリー・トレチャコフ (Dmitriy Tretyakov) 所長はそう語っている。

既にこのコンセプトは実用試作品に落とし込まれており、現在その第一陣となるサンプルが試験に供されているとのこと。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達
トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
 ドイツ軍特殊部隊KSK/KSMの新型制式小銃『G95K』用にEOTech「EXPS3-0」「G33ブースター」を調達 (2018-09-19 14:51)
 トヨタ製『ランドクルーザー70』をベースとするチェコ陸軍の次期軽戦闘車輌が「NATOデイズ」で展示 (2018-09-19 11:31)
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop