NEWS

一気呵成に敵地を制圧、ロシア企業が最低地上高 50m からの降下に対応するパラシュートを開発中

海外軍事

Photo: from Технодинамика
Image is for illustration purposes only.
ロシアの国営ハイテク企業グループであるロステク (Rostec) 傘下のテクノディナミカ・ホールディング (Технодинамика Холдинг, Technodinamika Holding) 社が、極低高度 (ultra-low altitude) からのジャンプに対応する特殊なパラシュートの開発を進めている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: from Технодинамика
    この新たなパラシュートは「Shturm」と名付けられ、地上 80 メートルからの降下、および将来的には地上 50 メートルからの開傘・着地を可能とする。

    「火砲や空爆を使って敵地に攻撃を仕掛けた際、敵の士気を挫いて一気呵成に制圧を試みるに当たり、部隊の展開は一刻を争うものとなる。その際に、こうした極低高度から兵士を降下させるパラシュートを備えておく必要性がある」、テクノディナミカ社傘下の科学研究所でパラシュートのデザインと生産を監督するドミトリー・トレチャコフ (Dmitriy Tretyakov) 所長はそう語っている。

    既にこのコンセプトは実用試作品に落とし込まれており、現在その第一陣となるサンプルが試験に供されているとのこと。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop