NEWS

一気呵成に敵地を制圧、ロシア企業が最低地上高 50m からの降下に対応するパラシュートを開発中

海外軍事

Photo: from Технодинамика
Image is for illustration purposes only.
ロシアの国営ハイテク企業グループであるロステク (Rostec) 傘下のテクノディナミカ・ホールディング (Технодинамика Холдинг, Technodinamika Holding) 社が、極低高度 (ultra-low altitude) からのジャンプに対応する特殊なパラシュートの開発を進めている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo: from Технодинамика
    この新たなパラシュートは「Shturm」と名付けられ、地上 80 メートルからの降下、および将来的には地上 50 メートルからの開傘・着地を可能とする。

    「火砲や空爆を使って敵地に攻撃を仕掛けた際、敵の士気を挫いて一気呵成に制圧を試みるに当たり、部隊の展開は一刻を争うものとなる。その際に、こうした極低高度から兵士を降下させるパラシュートを備えておく必要性がある」、テクノディナミカ社傘下の科学研究所でパラシュートのデザインと生産を監督するドミトリー・トレチャコフ (Dmitriy Tretyakov) 所長はそう語っている。

    既にこのコンセプトは実用試作品に落とし込まれており、現在その第一陣となるサンプルが試験に供されているとのこと。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop