カラシニコフ社による公式ライセンスを受けた「初」のオンラインゲーム『キャリバー(Caliber)』が登場

海外軍事 ビデオゲーム Comments(0)
ロシア最大の銃器メーカーであるカラシニコフ社(Kalashnikov Concern)による公式ライセンスを受けた「初」のオンラインゲームが登場する。
「キャリバー(Caliber)」と名付けられたこのオンラインシューティングゲームは、モスクワに本社を置くソフトウェアデベロッパー/パブリッシャーの「1Cゲーミング・スタジオ(1C Gaming Studios)」と、「ワールドオブタンクス(WoT: World of Tanks)」などで知られる「ウォーゲーミング(Wargaming)」が開発を担当している。

Photo from Kalashnikov Media
これまでもいくつかのゲームでカラシニコフの銃器が登場していたが、今回はメーカー公式による「お墨付き」の完全再現によってデザイン化。開発者は「発射レートや弾薬数、発砲音のデジタル収音はもちろん、細部の細部まで調整している」と語っている。また、ゲーム監修をおこなったカラシニコフ社のマーケティング部門ナンバーツーであるウラジミール・ドミトリエフ(Vladimir Dmitriev)氏は、同社製品が忠実に再現され、尚且つ正規に使用されていることの重要性に言及している。

関連記事:
カラシニコフ社がエアソフト界に本格参入を正式発表。製品の外観にも知財権適用を主張し各業界との交渉を開始か


Photo from Kalashnikov Media
ゲームでは特殊部隊となったプレイヤー×4名のキャラクターが戦場で激しくバトルを繰り広げるというもの。現在のところ、お膝元のロシアをはじめ、アメリカ、ドイツ、ポーランド、ベラルーシの軍特殊部隊の装備が用意されている。銃火器はAK-74M、AKS-74U、AKM、PKP、RPK-74、PP-19 Vityaz、PB、PM、PY、PL-15、SVD、SVD-S、GP-25が既にラインナップされており、将来的には、RPK-16、AK-12、SV-98、AM-17、AMB-17などが追加される予定。

開発は2016年から始まっており、今年8月にはモスクワ近郊のパトリオット公園で開催された「アルミヤ(Army)2017」で開発裏のエピソードが打ち明けられ話題となっている。現在は量産開始前の試作段階を終えたところで、このまま開発が順調に進めば、今年末にもアルファ版が登場する。

ロシア・スポーツ省は2016年、規範項目の中に「コンピュータースポーツ」を掲げている。所謂「eスポーツ」における優れたスキルは、ゲーム中における認識能力だけでなく、反射神経、忍耐力を育むものと考えられている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射 (2018-09-25 12:17)
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop