NEWS

米海軍の特殊作戦資料に特化した国立海軍水中爆破部隊 (UDT) / SEAL 博物館

海外軍事
米フロリダ州フォートピアースに所在する「シールズ博物館」こと、「国立海軍水中爆破部隊 (UDT: Underwater Demolition Team) / SEAL 博物館 (The National Navy UDT SEAL Museum) 」が、施設の概要を紹介したショートトレーラーを公開した。

関連記事:
米国立海兵隊博物館に特殊部隊 MARSOC の装備品を示す新たなディスプレイケースが一時公開

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    海軍シールズ博物館は、海軍における特殊作戦のヒストリーとその関連エピソードに特化した唯一の施設。映像では海軍の「跳躍カエル」ことパラシュート・デモンストレーションチームである「リープ・フロッグス (Leap Frogs) 」が登場しコメントを寄せている他、カメラワークによって館内各展示スペースが一瞥できるようになっている。


    Photo from The National Navy UDT SEAL Museum


    Photo from The National Navy UDT SEAL Museum


    Photo from The National Navy UDT SEAL Museum
    同館では、施設内の展示ディスプレイに世界クラスの双方向性システムを導入するなどで、その刷新を図っており、海軍特殊作戦の現場の様子を魅力的に伝えている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop