NEWS

米海軍の特殊作戦資料に特化した国立海軍水中爆破部隊 (UDT) / SEAL 博物館

海外軍事 Comments(0)
米フロリダ州フォートピアースに所在する「シールズ博物館」こと、「国立海軍水中爆破部隊 (UDT: Underwater Demolition Team) / SEAL 博物館 (The National Navy UDT SEAL Museum) 」が、施設の概要を紹介したショートトレーラーを公開した。

関連記事:
米国立海兵隊博物館に特殊部隊 MARSOC の装備品を示す新たなディスプレイケースが一時公開
海軍シールズ博物館は、海軍における特殊作戦のヒストリーとその関連エピソードに特化した唯一の施設。映像では海軍の「跳躍カエル」ことパラシュート・デモンストレーションチームである「リープ・フロッグス (Leap Frogs) 」が登場しコメントを寄せている他、カメラワークによって館内各展示スペースが一瞥できるようになっている。


Photo from The National Navy UDT SEAL Museum


Photo from The National Navy UDT SEAL Museum


Photo from The National Navy UDT SEAL Museum
同館では、施設内の展示ディスプレイに世界クラスの双方向性システムを導入するなどで、その刷新を図っており、海軍特殊作戦の現場の様子を魅力的に伝えている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に
ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催
次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か
オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延
米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画
近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ヘッドセットをなくして「奥歯」で通話認識。米空軍向けソニトゥス社の『モウラー・マイク』開発契約が継続に (2018-09-18 14:14)
 ハンガリーで5ヶ国の軍特殊部隊員による対テロ訓練『ジャッカル・ケイヴ2018』が開催 (2018-09-14 12:19)
 次世代装備の携行で増え続ける米陸軍歩兵のバッテリー需要。パトロール時間は現行の72時間から2倍増を計画か (2018-09-12 16:44)
 オーストラリア軍・政府関係機関などに中国製のスパイカメラネットワークが蔓延 (2018-09-12 14:10)
 米司法省・刑務局がグロック社の2018年クロスオーバー新モデル『G19X』の調達を計画 (2018-09-11 14:32)
 近代化改修されたFAL自動小銃がアルゼンチン軍に納入開始 (2018-09-07 17:55)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop