元グリーンベレーが語る「なぜ両目を開けて射撃するのか」

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)
片目を閉じたほうがサイトの像を捉えやすいという人は多いと思われるが、タクティカルな射撃術においては、両目を開けて射撃するよう指示するインストラクターが多い。これはいったいなぜなのか。元グリーンベレーで「Tactical Rifleman」を主宰するカール・エリクソン氏が動画で語っている。

Photo by Jason Johnston.
This photo is for illustration purposes only.
元来、軍では片目を閉じ「効き目」だけで射撃するように指導していた。これは余分なものが視界に入ることで集中が乱れると考えられていたからであるという。しかし近年、戦闘中の体の反応の研究が進むにつれ両目を開けたまま射撃すべきであるというように変化してきた。

戦闘中は緊張によるストレス反応でアドレナリン、ノルアドレナリンなどが放出され興奮状態になり、目前のターゲットに意識が向いてしまう。そうすると片目を閉じるよう意識し続けるのが難しくなる。

このため、普段片目を閉じて射撃を訓練していると、実戦の興奮状態で両目が開いてしまった時に視界が変化し、命中精度が大きく落ちることになる。射撃検定で高得点をとるような警察官が現場で射撃を外してしまうのは、こうした人体のメカニズムにも原因がある。

では両目を開けた射撃に慣れるにはどうすればよいか。エリック氏は非効き目のシーティンググラスのレンズにリップクリームを塗りつけ視界を塞いで練習することを勧めている。慣れてきたら塗る量を減らし徐々に視界をクリアにするようにすれば、両目を開けたままの射撃が出来るようになる。

また、競技の世界ではポストイットや半透明のテープを貼り付けたり、単純にレンズを片方だけ極端に暗くして練習する方法は既に広く知られている。両目を開ける練習だけでなく、効き目の矯正にも用いることができるので、気になる人は試してみると良いだろう。

Cross dominant eye/hand - shooting - YouTube

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201801
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。

タグ :射撃効き目

同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
台湾メーカー「IRON Airsoft」から東京マルイ製ガスブローバック式M4「MWS」対応の『P-MAG』が新発売
『M14 EBR』エアソフトの「ブルパップ」化カスタム
フランスのエアソフト企業「アバター・ユニバース」が独自設計の多目的エアソフトショットガン『HYDRA-8』を発売
ミリタリー&キャンプ融合イベント 第1回『ミリキャン』が10/26(金)~28(日)に本栖ハイランドで開催
ファンムービー『JURASSIC WORLD EXODUS』に登場する銃器類をピックアップ!
エアソフトガンで楽しめる3ガンマッチ「3ガンネイションジャパンセミナー」が開催
 台湾メーカー「IRON Airsoft」から東京マルイ製ガスブローバック式M4「MWS」対応の『P-MAG』が新発売 (2018-08-09 18:51)
 『M14 EBR』エアソフトの「ブルパップ」化カスタム (2018-08-09 11:52)
 フランスのエアソフト企業「アバター・ユニバース」が独自設計の多目的エアソフトショットガン『HYDRA-8』を発売 (2018-08-08 19:25)
 ミリタリー&キャンプ融合イベント 第1回『ミリキャン』が10/26(金)~28(日)に本栖ハイランドで開催 (2018-08-04 10:03)
 ファンムービー『JURASSIC WORLD EXODUS』に登場する銃器類をピックアップ! (2018-08-01 13:40)
 エアソフトガンで楽しめる3ガンマッチ「3ガンネイションジャパンセミナー」が開催 (2018-07-30 15:27)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する
上の画像に書かれている文字を入力して下さい

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop