NEWS

米陸軍の最精鋭特殊部隊「デルタフォース」元隊員らで構成される訓練提供企業「ザ・レンジ・コンプレックス」

海外軍事
米軍最精鋭の特殊部隊で実績を積み上げてきた、錚々たるメンバーをインストラクター陣に擁する訓練提供企業、「ザ・レンジ・コンプレックス(TRC: The Range Complex)」の公式PVが公開された。

関連記事:
デルタフォースやグリーンベレー経験者で構成される戦術訓練提供企業「ノーザン・レッド (Northern Red) 社」

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from The Range Complex


    Photo from The Range Complex
    TRCは、陸軍トップの精鋭オペレーターが集う「デルタフォース(1st Special Forces Operational Detachment - Delta)」の元メンバーによって創設され、軍・法執行機関および民間シューターに向けて訓練提供がおこなわれている。

    ノースカロライナ州ファイエットビル近郊にあるTRCの敷地内には、100ヤード(=約90メートル)と600ヤード(=約550メートル)のピストル・ライフル用射撃レンジと、50ヤード(=約45メートル)の競技訓練レンジ、そしてブリーチングを可能としてキャットウォークを備え、防弾装備も整ったキルハウスが用意されている。

    TRCで社長を務めるスティーブ ・スヴィアットコフスキ(Steve Swierkowski)氏は、元陸軍特殊部隊の士官。現役最後の14年間では様々な特殊作戦に従事しており、特殊作戦分遣隊・中隊指揮官、副司令官・作戦立案者としてコートジボワール、ガーナ、西アフリカ、アフガニスタン(CJSOTF-A)、イラク(OIF)での展開を経験。また、第1特殊部隊デルタ作戦分遣隊、いわゆる「デルタフォース」に配属されており、イラクでは作戦士官の補助を務めた他、1,600名から成るタスクフォース(CJIATF)の指揮を執っていた。2010年に退役している。

    TRCの代表を務める以前は、同じくデルタフォースで繋がりのある「タイガースワン(TigerSwan)」社で事業・契約部門長としてその重責を担っており、2011年から2014年に掛けて、同社の1,000エーカー(=東京ドーム86個分以上)におよぶ訓練施設の開発を監修。2014年にタイガースワン社が訓練事業部門と射撃レンジ運営の売却を決めたことを受けて、TRC社を独立させている。


    Photo from The Range Complex
    TRCが公開している錚々たるインストラクター陣を見てみると、その多くがデルタフォース経験者でリストアップされていることが分かる。

    エディー(Eddie)氏:
    2011年からタイガースワンのインストラクターを務めているエディー氏は、23年に渡る陸軍生活の内、17年間をトップチームのデルタフォースで務め上げてきた人物。デルタフォース内ではアサルト(襲撃)チームのリーダーを任されていた経験もある。Vデバイス付きのブロンズスター×2、複数個のパープルハートの叙勲を受けている。

    ジミー(Jimmy)氏:
    タイガースワン時代からインストラクターを務めているジミー氏は、陸軍歴28年間の内17年間はデルタフォース隊員として過ごしており、そのデルタフォース時代には、オペレーター訓練課程の射撃インストラクターを経験。また、アサルトチーム、スナイパー/リーコン、ケーナイン(軍用犬)チームのリーダーとして活躍している。Vデバイス付きブロンズスター×2個、パープルハートが贈られている。

    デイブ(Dave)氏:
    2014年、TRCに運営が移って以降長距離射撃コースのインストラクターとして活躍。陸軍で24年間を務め上げており、その内の13年間はデルタフォース隊員として過ごしている。栄えある「ベストレンジャー」の優勝者でもある。アサルター、スナイパー/リーコンのチームリーダーとして活躍し、Vデバイス付きのブロンズスター×1個が贈られている。

    ダン(Dan)氏:
    現在TRCのレンジ管理者として従事するダン氏は、2011年からタイガースワンのインストラクターとして多くの受講生を指導してきた。陸軍で過ごした24年間の内の13年間をデルタフォースで過ごしている。
    デルタフォースのオペレーター訓練課程(OTC: Operator Training Course)の上級インストラクターとして辣腕を振るい、OTCカリキュラム全体の設計を手掛けた人物でもある。

    ノルム(Norm)氏:
    退役陸軍人のノルム氏は、軍歴30年の内の22年間をデルタフォースで過ごしている。デルタフォース時代は、アサルター、スナイパー/リーコンのチームリーダー他、HALOのインストラクターを任されていた。現役時の活躍によってVデバイス付きブロンズスター×1個が贈られている。NRA認定のハイパワーライフルマスターでもあり、世界屈指の競技射撃シューターとして知られ、複数の国内記録を保持している。過去、オリンピック、ワールドカップで複数回に渡って米国代表選手となっている。

    アンテク(Antek)氏:
    陸軍に20年間在籍した内の15年間をデルタフォースで過ごしたアンテク氏。デルタフォース時代には、アサルター、スナイパー/リーコンのチームリーダーとして重責を担ったほか、オペレーター訓練課程ではCQBやブリーチング、ピストルマークスマンを主にインストラクターとして活躍した。

    フレッド(Fred)氏:
    陸軍に20年以上在籍した内の7年間をデルタフォースで過ごしたフレッド氏は、アサルトチーム、スナイパー/リーコンのチームリーダーとして、またK9(軍用犬)ハンドラーの経験を持つ。拳法、柔術で黒帯を持つ達人でもある。現役当時の活躍によって、Vデバイス付きのブロンズスター×1個が贈られている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開
    ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表
    サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介
    シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される
    アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可
    英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍特殊部隊の装備開発部門の動画が公開 (2017-09-22 10:41)
     ベルビルが米陸軍向け新型ジャングル戦闘ブーツの改良モデル『ビルマ・スタイル#901 V2』 を発表 (2017-09-22 10:15)
     サイレンサーメーカーのGEMTECHが米特殊作戦軍で実施されるテストの手順を動画で紹介 (2017-09-22 09:51)
     シリア北部でブルパップ化したPKM機関銃を持つ武装勢力が目撃される (2017-09-21 19:11)
     アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 (2017-09-21 18:33)
     英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露 (2017-09-20 19:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop