NEWS

【新作エアガンレビュー】東京マルイ ガスショットガン「KSG」速攻レビュー!

レポート
夏場はほとんどサバゲに行かないライターのイヌイです、こんにちは。
東京マルイのガスショットガンといえば、軽いコッキング+多弾発射というサバゲでの実用性の高いモデル。内部機構は完全にエアガンのそれですが、そのぶん実射性能を追求した高い完成度が好評です。夏場のフィールドでよく見かけますよね。

従来のモデルは「M870 タクティカル」「M870 ブリーチャー」「M870 ウッドストックタイプ」というポンプアクションのスタンダードといえるものでしたが、このたび新製品として追加されたのが「KSG」。

一見するとSF映画のプロップガンのようにも見える独創的なデザインですが、ベースとなったのはKel-Tec社のKSGというショットガン。
ざっと説明すると、ポリマーパーツを多用したブルパップのポンプアクションで、2列のチューブマガジンによる多弾数が特徴。一般的な2-3/4インチのシェルであれば7発✕2列=14発も装填でき、左右のマガジンはレバーによる切り替え式。つまり右列にブリーチングシェル、左列にラバースラッグを入れて切り替える・・・といった使い方もできます。

しかも定価(MSRP)は990USドルとお安く、民間市場ではなかなか好評だとか。逆にミリタリーやLEでの使用はほとんど聞いたことがありません。いかにもその用途を意識したデザインなのですが・・・。むしろ『ジョン・ウィック』を始めとした映画やFPSゲームなどでの登場が印象に残っていますね。

そんな新機軸のガスショットガン、東京マルイのKSGをレビューしてみましょう!
今回の取材協力は東京・新宿のエアボーンさん(http://www.airborne-shop.com/)。
以下の価格はエアボーンさんでの販売価格(税込)になります。

エアソフトガンショップ エアボーン
http://www.airborne-shop.com/

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    KSGのスペック
    全長:663mm
    銃身長:260mm
    重さ:2,900g
    パワーソース:HFC134a
    装弾数:30発(シェル型マガジン)
    初速:72.2m/s(6発モード)、79.8m/s(3発モード)
     ※気温25℃の屋内にて複数射の平均値、S2S 0.2gバイオ弾を使用
    価格:30,948円(税込)
    http://www.airborne-shop.com/products/detail.php?product_id=12036

    まずはざっと全景から。
    ブルパップデザインで全長はコンパクト。特に前方が短くグリップがど真ん中に位置しています。ロワー側のレシーバー(グリップの部分)とフォアエンドは樹脂製、バレルを含めたアッパーレシーバーが金属製という異素材感あふれる仕様です。
    ショットシェルの装填と排莢はイサカのように下面から行うため、側面にエジェクションポートはありません。
    あ、そうそう。コンパクトといいましたが663mmという全長はこのくらい。
    同社の次世代電動ガン・HK416Cとほぼ同じ長さ。グリップの位置もほぼ同じです。KSGのサイズ感はなんとなく分かりますか?
    ちなみにパッケージはこうなってました。
    エアガンのパッケージとしては珍しい右向き。
    エジェクションポートやセフティなど左右の違いがほとんどないデザインなので、正直どっち向きでも変わらないんですね。

    では、各部をアップで見ていきましょう。
    まずはマズル部。
    上段がバレル、下段の2つのパイプは実銃ではチューブマガジン(このガスガンではダミー)。寸詰まり感がある分、メカメカしく迫力のあるマズルです。
    バレルはインナーバレルが3本あり、1発ずつの3発発射あるいは切り替えて2発ずつ6発発射の2パターンとなります。
    下面にレイルスロットのあるフォアエンドはかなり大型。
    バレルは短く見えますが18.5インチあります。特別な許可がなくとも民間所有できるバレル長ですね。ショットガンとしてはかなり短めではありますが。
    握る位置を選ばないフォアエンドですが、左右幅は意外とスリム。
    左右2連のチューブマガジンを覆っているわりにはギリギリまで細く仕上げられています。
    コッキングストロークは実銃のおよそ2/3といったところでしょうか。

    フォールディングタイプのF/Rサイト。
    MP7のサイトのように畳んだ状態でもサイティングできるようになっています。ただ、畳んだ状態ではサイトラインが低くて狙いにくいかも。

    グリップ部は曲面を活かした樹脂製。
    「1」のレバーは実銃でいう「アクションバーロック」ですがこのモデルではダミー。むりやり押し込むと破損するかもしれないので要注意です。

    「2」は左右貫通の丸穴が2つ。これは分解時にレシーバーピンを差し込んでおくためのスペースです(G36のストックにもピン用の穴がありますね)。
    セフティはアンビ対応の押し込み式です。
    見慣れたところではシュタイヤのAUGと同じタイプ。新品時はやや固い印象ですが、使っているうちに程よくこなれてくると思われます。

    グリップ直上部のカバーを外せば・・・
    3発〜6発の切り替えレバーがあります。
    カバーはスライドするだけで(工具不要で)外せるので、フィールドでとっさに切り替えることも不可能ではありません。

    機関部が収まるストック部。
    矢印のレバーは左右のマガジンを切り替えるマガジンセレクターレバーで、可動はしますが残念ながらダミーです。実銃では腰だめで構えた時に手首の部分で不用意に押し込んでしまうことがあるとかないとか。

    エジェクションポートを下から覗くとこんな感じ。
    構えて右側がシェルマガジンが入るチャンバースペース。左側が予備のシェルマガジンの収納スペースで2本が収まります。

    ただし、2本入れると余裕がなく若干取り出しにくく感じました。また、ブルパップなので構造上「左手を回りこませるようにストック部で抜弾したり装填する」のもやりにくい印象があります。このあたりの操作は慣れるしかないでしょう。

    バットプレートはやや小型でシンプルなデザイン。
    しかし、このKSG最大の問題点がココ!
    バットプレートを外してガスタンクを挿入しますが、これが固くて外しにくいのです。僅かなスキマに爪を入れて引き剥がすようにしないと外れませんでした。これって使っているうちに多少は外しやすくなるのでしょうか。
    なんとか外れたらガスタンクを水平に差し込みます。
    タンクはタバコの箱くらいのサイズで、満タンまでチャージで70発ほど撃てました。
    交換式なので連射のし過ぎで冷えたらワンタッチで新しいガスタンクに交換できます(バットプレートをスムーズに取り外せたらですが・・・)。

    さて、実際にガスタンクとシェルマガジンを装填して撃ってみました。
    コッキングは軽めですが、フォアエンドの握り心地のせいかM870よりは重く感じます。
    で、トリガーを引くと耳元に位置する機関部からの打撃音と炸裂音にびっくりしました。頬付けする機関部上面カバーが金属製ということもあり、振動と音がダイレクトに頭蓋骨に響く感じです。

    また、シェルマガジンの装填も慣れないうちは、チャンバーに入れたつもりで予備の収納スペースの方に入れてしまうかもしれません。いっそのこと収納スペースを塞ぐという手も・・・?

    初速を計ってみたところ・・・。
    スペックのところで書いた通り6発モードで72.2m/s、3発モードで79.8m/sが平均値。
    ただ、多弾発射のためか安定して測定できず、まれに55m/sのような数値が出たりしました。
    あくまで参考程度に考えて下さい。

    インナーバレルはM870タクティカルと同じく260mmあるので飛距離や集弾性はほぼ同等と考えていいでしょう。つまり、サバゲでの実用性も十分あるというわけです。

    お手軽カスタムの例
    KSGといえば『ジョン・ウィック』でバカスカ撃つシーンが有名なので、それを意識してみました。
    光学機器はXPSタイプのホロサイト、フォアグリップはナイツタイプです。
    ドットサイトは好みで選んだり別になくても構いませんが、フォアグリップはコッキングしやすくなるのでぜひ付けたいところ。ただ、写真のナイツタイプだと若干ガタつきます。MagpulのRVGやBCMのガンファイターVGなどレイルとの接地面積が大きなタイプの方が良いでしょう。

    これ以上ドレスアップするとしたら、アンダーレイルの先端にフラッシュライトを付けるくらいでしょうか。そもそもショットガンなのであまりゴテゴテさせず、シンプルにまとめるほうが似合うと思います。
    ハリケーン・XPS3ホロサイト:20,049円(税込)
    フォアグリップ:参考品

    まとめ
    すごく大ざっぱにいうと、「ブルパップのM870タクティカル」。
    シェルマガジンなので実銃でいう2列チューブマガジンのメリットはない反面、実射性能に関しては260mmのインナーバレルのおかげでちょっとしたもの。同じバレル長のM870タクティカルは全長が1m近くありますが、KSGであれば2/3の663mmに収まっています。
    なお、デザインや操作性は若干クセがあったりするのですが、これに関しては愛情と思い入れでいくらでもカバーできるでしょう。

    サバゲではミリタリー系よりも民間やLE系が似合いそうなので、個性的なスタイリングでかっこよく使いたいですね。場合によってはスーツスタイルでインドアというのもアリなんじゃないでしょうか。

    とにかく実射性能は折り紙つきなので、初エアガン化の個性的なデザインが気に入ったのであれば「買い」だと思います。

    取材協力:エアボーン
    〒160-0022 東京都新宿区新宿1-23-6
    グローイン新宿御苑1階
    TEL:03-5363-2354
    営業時間:13:00~22:00
    定休日:毎週火曜日、第三木曜日

    Photo & Text: 乾宗一郎

    同じカテゴリー(レポート)の記事画像
    元ネタ、俺。架空設定装備を軸とした異色のゲームイベント「FICTION WARRIOR」が開催
    ミリタリーショッピングイベント、第15回MINIMIRI立川が開催
    【特集】米海軍クレーン研究所の資料を基に紐解く、進化を重ねてきた米軍ライフル「M14EBR」
    『ゴルゴ13』連載開始50周年を記念した特別展が2017年10月に大阪で開催
    ショットショージャパン2017春 搬入日速報
    特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
    同じカテゴリー(レポート)の記事
     元ネタ、俺。架空設定装備を軸とした異色のゲームイベント「FICTION WARRIOR」が開催 (2017-06-26 20:30)
     ミリタリーショッピングイベント、第15回MINIMIRI立川が開催 (2017-06-20 14:36)
     【特集】米海軍クレーン研究所の資料を基に紐解く、進化を重ねてきた米軍ライフル「M14EBR」 (2017-06-09 18:10)
     『ゴルゴ13』連載開始50周年を記念した特別展が2017年10月に大阪で開催 (2017-06-07 18:08)
     ショットショージャパン2017春 搬入日速報 (2017-05-26 21:10)
     特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop