【エアガンレビュー】期待のボルトアクションライフル、東京マルイ「M40A5 ODストック」レビュー

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連レポート
みなさま、こんにちは(こんばんは)。ライターのイヌイでございます。

今回取り上げるのは東京マルイの新製品である「M40A5」。
エアコッキングのボルトアクションライフルです。
そしてM40といえば、アメリカ海兵隊のスナイパーライフル。

Photo: U.S. Marine Corps
A5は2010年あたりから使用されている現行モデルで、レミントンのM700がベースガン。マクミラン製のストックにサプレッサー対応のフラッシュハイダーや追加光学機器用レイルマウント、着脱式マガジンなどが特徴です。

なお、M40シリーズは陸軍のM24と違って海兵隊の内部で組み立てられており市販モデルはありません。ただし人気があるのでM700をほぼ同仕様にカスタムする人はいっぱいいるとか。

一方、東京マルイのM40A5は発売前から命中精度の高さをアピールしていたので、実射性能が気になっていた人も多いでしょう。そのデキや精度はどうなのでしょうか。

ぜひご覧ください!

取材協力:ガンショップ FIRST
http://www.first-jp.com/
撮影協力:東京サバゲパーク
http://www.tokyosabagepark.jp/

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    全景
    全長は1.2mと長大ながら、シルエットはシンプルで細身なもの。ストックの調節機能や着脱式マガジンなど、現代のスナイパーライフルとして必須の要素を過不足なく備えています。

    ちなみにサイトは付属していないので、本体のみ購入しても狙って撃てません。後述に詳細をご紹介しますが、今回のレビュー作成に当たってご協力を頂いたガンショップ FIRST さん提供の、ライラクス製スコープ(+マウント類)&バイポッドを使ってご紹介しています。

    なお、今回のサンプルはODカラーのバージョンですが、実銃にはないブラックモデルは追って発売されるそうです。

    東京マルイ M40A5 O.D.ストック スペック
    ・全長:1200mm
    ・インナーバレル長:280mm
    ・重さ:3400g
    ・装弾数:35発
    ・初速:91m/s(東京マルイ0.2gバイオ弾)
    ・価格:33,800円(税込み:ファーストさんでの販売価格)
    http://www.first-jp.com/items/04/01/03/detail.php?itemcode=0401TMJ00026

    マズルデバイス
    M40A5にはシュアファイア製を模したフラッシュハイダー(マズルブレーキ)が装着されており、同社のクイックサプレッサーをワンタッチで着脱可能。

    スナイパーライフルにマズルデバイスというのはひと昔前では考えられませんでしたが、最近ではちょくちょく見かけますね。
    このモデルは14mmの逆ネジ式で取り外せます。

    専用サプレッサーの発売は未発表なので、気になる人は14mm逆ネジで28cmくらいの長さのものをダイレクトに付けましょう。

    アクセサリマウント
    前方にある7スロットのマウントは主にAN/PVS-22(ナイトビジョン)の装着用。
    このマウントもストックと同様バレルに触れないフリーフロート方式になっています。

    ストック前部
    左右と下面にQDホールがあり、下面の最前部にはバイポッドマウントを備えます。
    その後方のダイヤルはHOP調整用のもの。節度のある動きで扱いやすい反面、ふとした拍子にHOPがズレてしまうことも・・・。

    機関部
    上面にスコープ用のレイルを装備。機関部には「MODEL 700」の刻印が入っています。
    そしてボルト後端にはコッキングインジケーターを搭載。
    左が撃発時、右がコッキングの状態。
    いちいち見ることなく、あるいは暗闇の中でも指先で確認することができます。

    ちなみにここを押しながら撃っても初速は上がりませんでした。

    セフティ
    セフティはシンプルな前後スライドタイプ。
    セフティをかけてもトリガーはロックされないので引けます。もちろん弾は出ません。

    ショートストロークボルト
    このM40A5の特徴の1つが「ショートストロークボルト」。

    VSRの約2/3のストロークで素早くコッキングできます。
    トリガープルの重さはVSRと同じか、やや軽いくらいでした。

    マガジン
    金属製で装弾数は35発。
    本体には「BBロードシステム」という給弾機構があり、約15発のBB弾が呼び水として残ります。つまり、いったんマガジンを装着してBB弾を送ったら、再びマガジンを抜いてその分を補っておきましょう。

    グリップ・トリガー
    グリップは角度が立っており握った感触は太め。表面のテクスチャもリアルに再現されています。
    そしてトリガーは特筆すべき完成度。
    キレが良く、ゆっくり引いていくとシアの落ちる瞬間がきちんと伝わります。なおかつ引きしろなどの調整まで可能!

    ストック後部
    チークピースは高さの調節とネジの左右入れ替えが可能。
    バットプレートは厚みを変えられるスペーサーが4枚付属します。
    スペーサーの厚さはSが6mm、Mが7.5mm、Lが12mm。
    ネジを抜ききらなくても横からスペーサーを挿入できます。
    体格に合わせて細かく調節できるのは◎。
    また、下部のえぐれはレスト時の左手保持用です。
    バイポッドを利用した伏射で威力を発揮します。
    とにかく見た目はシンプルながら必要な機能がギュッと圧縮されている素晴らしいストックだと思います。さすがマクミラン。

    実射
    では気になる実射性能をチェックしてみます・・・が、箱出しのデフォルトだとサイトがないのでスコープ(LAYLAX・QuintessenceのM3タイプ3.5-10x40mm)とバイポッド(LAYLAX・NITRO.VoのSwing type Bipod neo)を装着しました。やはりM40はこのスタイルですね。

    商品のお問い合わせ:
    LayLax クインテスセンス M3タイプ スナイパーライフルスコープ 3.5-10X40mm - ガンショップ FIRST
    LayLax スイングタイプ バイポッド NEO - ガンショップ FIRST

    チェックするのは東京サバゲパークのシューティングレンジ。
    最大65mの距離があり首都圏でも1、2を争う使いやすいレンジです。


    東京サバゲパーク http://www.tokyosabagepark.jp/
    〒270-1337 千葉県印西市 草深字仲ノ側258番1他3筆
    電話: 0476-48-5215


    まずはHOPの調整から。
    この時のコツは「できるだけ低い位置」から「同じ高さの目標を狙って」調整するということ。

    まず「スーッと真っすぐ飛んで最後にちょっとだけフワッと浮き上がってから落ちる」弾道を目指しましょう。実際はそこからわずかに緩めた位置がベストのはずです。

    プローンでHOPを合わせたら立射+バイポッド使用で30mを目標にスコープを調整しました。
    この日は風が強くて調整は難儀しましたが、よほどの強風でなければ「40m先のマンターゲットの頭部は外さない」精度が出ていました。

    0.2g弾では弾道が全然安定しませんが、0.25g弾であれば本当にまっすぐ飛んでいきます。

    発射音が射手には小さく聞こえたので、ノズルやパッキンでのエアロスもほとんどなくストロークの短いシリンダーからのエアを効率よく使っているのでしょう。サイレンサーを装着したらかなり静かな銃になりそうです。

    ちなみに初速は0.2g弾で91.5m/s、0.25g弾で81.0m/sでビタッと安定(共に東京マルイのバイオ弾を使用)。さすがエアコキボルトアクションです。

    そして風が止んだ瞬間を狙ってグルーピングを計測してみました。

    参考としてVSR(東京サバゲパークのレンタルガン)も使い、共に0.25g弾を使用。立射でバリケード委託射撃、ペーパーターゲットは10m先に設置しました。
    ここでは「グルーピングの大きさ」に注目して下さい。

    M40A5は10m先で一円玉サイズに集弾! 完全無風の屋内であれば10mワンホールも夢じゃないかもしれません。

    これは全体的な精度はもちろん、優れたトリガープルの影響も大きいと思います。

    ただ、インナーバレルが280mmと短いためか風の影響を受けやすく「スーッとフラットに飛んでいくけど外的要因に影響されやすい弾道」だと感じました。

    逆にVSRの方は皆さんご存じの通り、多少の風でも逸れにくい「重さを感じる弾道」です。

    ただし、この結果は100発ほど撃った新品によるもので、もうちょっと撃ち込めばこなれてさらにグルーピングがまとまる可能性もあり。

    とにかく現状で東京マルイ製品の中でも最高の命中精度を叩き出すモデルです。
    ボルトアクションとしてはかなり高価なモデルですが、この命中精度が「お金を出せば買える」と考えればそう高くないという人もいるでしょう。

    海兵隊装備の人だけでなく、スタイルを問わずこれからスナイパーをやってみたい人にもオススメ。また、すでにVSRを持っている人にはぜひ一度撃ってみてもらいたいモデルです。

    ■FIRST大阪本店
    http://honten_blog.first-jp.com/
    〒577-0012 大阪府東大阪市長田東5-1-3
    フリーダイヤル 0120-969-946
    TEL 06-6745-3331  FAX 06-6743-2381
    営業時間/12:00~22:00 定休日/毎月第3木曜日

    ■FIRST東京アメ横店
    http://ameyokoten.first-jp.com/
    〒110-0005 東京都台東区上野6-3-15 大場ビル2F・3F
    JR山手線「御徒町」駅 北口の改札を出て 御徒町駅前通り入ってすぐ右側
    TEL 03-5817-4627  FAX 03-5817-4628
    営業時間/11:00~21:00 定休日/毎月第3木曜日

    ■FIRST大阪日本橋店
    http://nippombashiten.first-jp.com/
    〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋3-6-5
    堺筋道路沿い高島屋別館の向い
    TEL 06-6630-9755
    営業時間/11:00~20:00 定休日/毎週木曜日

    ■インドアサバイバルゲームフィールド【W-tap】
    http://wtap.first-jp.com/
    〒577-0012 大阪府東大阪市長田東5-1-31
    TEL 06-6732-4768 FAX 06-6732-4708
    営業時間/12:00~22:00 定休日/毎月第3木曜日

    Text & Photo: 乾宗一郎

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    「アメリカン・スナイパー」の脚本家の初監督作『Thank You For Your Service』
    スマホ型折り畳み式ハンドガン「Ideal Conceal」の内部構造を紹介する動画
    イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定
    ミリタリーショッピングイベント、第15回MINIMIRI立川が開催
    7月29日(土)・30日(日)開催、「MMM2017JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    オーストラリアの高速道路で定期警ら中の警察官が車輌捜索し、ナチス・ドイツ時代の『MP40』を押収
     「アメリカン・スナイパー」の脚本家の初監督作『Thank You For Your Service』 (2017-06-23 19:57)
     スマホ型折り畳み式ハンドガン「Ideal Conceal」の内部構造を紹介する動画 (2017-06-22 18:39)
     イズマッシュの現用ハンドガン「MP443」が台湾のRaptorから11月にリリース予定 (2017-06-22 15:18)
     ミリタリーショッピングイベント、第15回MINIMIRI立川が開催 (2017-06-20 14:36)
     7月29日(土)・30日(日)開催、「MMM2017JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2017-06-20 13:32)
     オーストラリアの高速道路で定期警ら中の警察官が車輌捜索し、ナチス・ドイツ時代の『MP40』を押収 (2017-06-19 18:51)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop