警視庁主催の機動隊対抗による射撃競技会の映像が公開

国内軍事関連
時事通信社の公式YouTubeチャンネルに、16日におこなわれた警視庁主催の機動隊対抗による射撃大会の映像が公開された。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    競技会は都内の訓練施設でおこなわれ、10チーム111人が参加。遅撃ち射撃、早撃ち射撃、弾倉交換射撃、隠れ撃ち(膝撃ち)、女性隊員早撃ち射撃(個人戦)の他、5人1組のリレー方式によるバイアスロン射撃競技がおこなわれとのこと。

    警視庁警備部の緒方部長は大会の締めくくりに当たって、「テロの脅威が現実のものとなる中で、機動力と第一次制圧力を兼ね揃えた機動隊・銃器対策部隊が平素の訓練を通じて、旺盛な士気と高い技能を保持し続けるという事実。そしてその存在自体が抑止力だ」と語っている。

    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事画像
    田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定
    米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象
    『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム
    オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝
    同じカテゴリー(国内軍事関連)の記事
     田村装備開発「CQC(近接格闘) & フラッシュライトを使用した護身術」講座レポート (2018-06-08 14:30)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     TAMIYA「DDV192 空母いぶき」1/700 スケールモデルが5/26に新発売予定 (2018-05-18 19:01)
     米国製止血帯「SAMターニケットXT」が自主回収。日本で販売された全製品が対象 (2018-05-18 18:23)
     『AASAM 2018』国際マッチグループで陸上自衛隊チームが総合3位に。1位はインドネシアチーム (2018-05-10 17:23)
     オーストラリア陸軍主催の国際射撃競技会『AASAM』スナイパー競技部門で陸上自衛隊チームが優勝 (2018-05-07 10:34)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop