長距離狙撃も楽々成功。シリーズ最大・最強「バレットM107A1」がベースのトラッキングポイント『Mi50 BA』

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連
米国のスマートライフル開発企業であるトラッキングポイント(TrackingPoint)が、同社の精密射撃支援システムを搭載したバレット「M107A1」による狙撃デモンストレーション映像を公開した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    見晴らしの良いポイントから狙うターゲットは、遥か1マイル(=約1.6キロメートル)先にある直径3.5フィート(=約107センチメートル)ほどのサークル。遠距離狙撃を成功させるため、ターゲットまでの距離の他に気温や気圧、コリオリの力までもコンピューターが計算し、トリガーを引いてから着弾までおよそ6.1秒掛かった様子をライブで映し出している。

    最新技術を結集させたシステムと、シリーズ最大・最強の50口径ライフル対応モデル「Mi50 BA」を引っ提げ、「遠距離でも問題にならない」と主張するプロモーション映像に仕上げられている。


    Photo from TrackingPoint
    Mi50 BAのシステム駆動時間は3.5時間。1,760ヤード(=約1.6キロメートル)離れたターゲットへのロックが可能。M107を運用している米海兵隊でも、訓練では最大1,400ヤード(1,280メートル)ほどでおこなわれるため、距離だけで言えば軍用途でも十分に通用しそうだ。
    またMi50 BAは、静的ターゲットのみならず、時速10マイル(=16キロメート)で移動する「動的ターゲット」を相手に確実な有効弾を見舞うことができる。その重量は33.5ポンド(=約15キログラム)とかなりヘビーな仕様だが、一度タグ付けさえしてしまえば、文字通りの「一撃必中」間違い無しの心強い相棒となりそうだ。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop