トランプ政権が国内銃器メーカーの輸出促進を図るため規制緩和を計画。国務省から「商務省」管轄に移管

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from U.S. Immigration and Customs Enforcement (ICE)
This photo is for illustration purposes only.
米トランプ政権が、国内銃器メーカーの輸出促進を図るため、軍用途ではない銃器の国外販売について、その管轄を現在の「国務省」から「商務省」に移管し、規制緩和を図る準備をしていることが分かった。政権幹部からの情報としてロイター通信が単独スクープしている。

新たなルールを確立することで、政府の赤字削減をおこないつつ、民間向け武器輸出を増やすことで国内での雇用促進を図る狙いがあるという。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    一方で、銃規制を支持する団体や議員の中からは、輸出ルールの緩和がおこなわれれば、犯罪組織や過激派にとって、より入手し易くなる可能性があると警鐘を鳴らしている。

    政権側で作成された草案はホワイトハウスの予算局に送られ、数日中に検討されるという。また、この変更は議会の承認なしに制定でき、今年秋にも公表される可能性があり、それに続くパブリックコメントの期間は、早ければ来年の上半期に実施されるようだ。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催
    7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開
    銃器・アクセサリー小売大手ブラウネルズのYouTubeチャンネルが一時凍結され騒ぎに
    A&Kガスブローバック式エアソフト『M249』のテスト稼働映像
     法執行機関 vs 悪党のイベントゲーム。第3回『LE祭 in KANSAI』が開催 (2018-06-18 13:46)
     7月28日(土)・29日(日)開催、「MMM2018JUL」軍装キャンプイベント募集開始 (2018-06-15 19:27)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)
     シグ社 SIG MCX Virtus自動小銃の利用シーンと耐久テストの様子が分かるプロモ動画を公開 (2018-06-14 19:52)
     銃器・アクセサリー小売大手ブラウネルズのYouTubeチャンネルが一時凍結され騒ぎに (2018-06-14 19:35)
     A&Kガスブローバック式エアソフト『M249』のテスト稼働映像 (2018-06-14 18:11)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop