トランプ政権が国内銃器メーカーの輸出促進を図るため規制緩和を計画。国務省から「商務省」管轄に移管

エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from U.S. Immigration and Customs Enforcement (ICE)
This photo is for illustration purposes only.
米トランプ政権が、国内銃器メーカーの輸出促進を図るため、軍用途ではない銃器の国外販売について、その管轄を現在の「国務省」から「商務省」に移管し、規制緩和を図る準備をしていることが分かった。政権幹部からの情報としてロイター通信が単独スクープしている。

新たなルールを確立することで、政府の赤字削減をおこないつつ、民間向け武器輸出を増やすことで国内での雇用促進を図る狙いがあるという。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    一方で、銃規制を支持する団体や議員の中からは、輸出ルールの緩和がおこなわれれば、犯罪組織や過激派にとって、より入手し易くなる可能性があると警鐘を鳴らしている。

    政権側で作成された草案はホワイトハウスの予算局に送られ、数日中に検討されるという。また、この変更は議会の承認なしに制定でき、今年秋にも公表される可能性があり、それに続くパブリックコメントの期間は、早ければ来年の上半期に実施されるようだ。

    同じカテゴリー(エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催
    自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売
    田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート
    肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「EQUIP, or DIE.」装備好きのためのイベントゲーム「ギアフェス2017」が開催 (2017-12-11 13:41)
     自衛隊迷彩仕様のナイキ「エア マックス 97」復刻版が12月9日に発売 (2017-12-07 12:38)
     田村装備開発「CQB 座学・基礎動作特別訓練」取材レポート (2017-12-07 11:00)
     肌に優しく、塗って剥がせるフェイスペインティング「CamouflaArt(カモフラアート)」 (2017-12-05 14:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop