NEWS

ロシア中央精密機械建造研究所が次世代「ラートニク」のコンセプトモデルを展示

海外軍事

モスクワ郊外で開催された国際軍事技術フォーラム「アルミヤ (軍隊) 2016, Army 2016」において、中央精密機械建造研究所 (TsnIITochMash) が、「ラートニク (Ratnik = 戦士) 」兵士システムの第 3 世代コンセプトモデルを展示した。

関連記事:
ロシア国営軍事関連企業グループ「ロステク (Rostec) 」が描く特殊部隊装備のコンセプト映像

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    研究チームでは日夜、新たなラートニクの開発に向けて、重量化傾向にあるシステム全体の軽量化や、敵味方識別 (IFF: Identification Friend-or-Foe) システムの一体化など、使用素材の見直しから指揮管理系統システムの開発に取り組んでいる。

    展示されたマネキンからは、都市部での戦闘を意識した迷彩パターンの戦闘服に身を包む兵士の両腕・両脚に「エクソスケルトン (外骨格) 」が備わっている様子と、近未来を彷彿させる外観の携行火器には、アーマーのバックパネルからベルトリンクで給弾する様子も確認できる。

    同研究所では、「軍は向こう 7 年ほどの間に、先進技術が結集された最新型ラートニクを受け取ることになるだろう」としている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop