NEWS

「中央アジアの北朝鮮」トルクメニスタンのベルディムハメドフ大統領が勇壮な射撃を披露

海外軍事
中東カタールの首都ドーハに本社を置くアラビア語放送ニュースチャンネルのアルジャジーラが、中央アジア・トルクメニスタンのグルバングル・ベルディムハメドフ大統領による閲兵式、実銃を使った勇壮な射撃映像を公開した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Map: Google Map
    アフガニスタン、イランの北方に位置するトルクメニスタンでは、今年2月に大統領選がおこなわれており、現職のベルディムハメドフ大統領が、有権者300万人の中から得票率90パーセントという文字通りの「圧勝」で3期目を手中に収めている。

    世界第4位の天然ガス埋蔵量を持つトルクメニスタンは、地下資源に恵まれている一方で、報道の自由度は世界180ヶ国中で178番目の「ワースト3」に数えられている。(ワースト1位は北朝鮮)

    その為、「中央アジアの北朝鮮」などとも表現される "富める独裁国家" として知られている。

    2016年には、同国の憲法が改正されており、3期目のベルディムハメドフ大統領は盤石な体制の下、その任期が5年から7年に延長されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    コルト社がオーストラリア軍特殊部隊の要望で開発した次世代型5.56mmカービン「M5 Enhanced Carbine」
    米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手
    シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画
    中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     コルト社がオーストラリア軍特殊部隊の要望で開発した次世代型5.56mmカービン「M5 Enhanced Carbine」 (2017-12-14 14:25)
     米海兵隊が2018年終わり頃に新型のジャングル用戦闘服とブーツの製造に着手 (2017-12-13 16:08)
     シグ社が陸軍のフルサイズ版「MHS」の特別コマーシャル版を来春に限定5,000挺で販売を計画 (2017-12-13 13:39)
     中国が「透明マント」を開発?映像は編集ソフトで加工か (2017-12-13 12:33)
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop