NEWS

「海軍特殊部隊入りを目指す2名の女性候補者が存在」米軍中将が軍事委員会の席上で証言

海外軍事 Comments(0)

Navy photo by Petty Officer 2nd Class Eric S. Logsdon
This photo is for illustration purposes only.
ロバート・バーク(Robert P. Burke)海軍中将が14日におこなわれた上院軍事委員会・人事小委員会の席上、「今年は2名の女性が海軍特殊部隊員になるための訓練に参加する」と証言した。
既報の通り、昨年は女性の海軍士官候補生が初めて、SEAL隊員になる為にその選抜課程の門戸を叩くも失敗に終わっている。

関連記事:
米海軍特殊部隊SEAL初の女性志願者が評価・選抜プログラムの中で脱落
バーク中将の証言によると、1名は海軍兵学校の士官候補生(midshipman)で、「ファースティー(First-Class)」と呼ばれる最上級生。体力検定(physical screening)をパスしており、志願すればこの春と夏に追加審査を受ける資格があるという。
なお、もう1名は下士官で、5月にも訓練を開始するとのこと。

またバーク中将は委員会の席上、長年に渡る特殊部隊員募集活動の中で初めて、2017会計年度においてリクルーターがその獲得目標に到達しなかったことも明かしている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop