NEWS

英国防省がコマンド部隊向けにコルト・カナダ製 L119A2 ライフルの発注を増加

海外軍事

Photo: via Project: Diemaco L119a2 FaceBook page
Image is for illustration purposes only.
欧州政府調達サイト (TED: Tenders Electronic Daily) の 11 月 30 日付け公告において、英国防省が、コマンド部隊 (特殊部隊) での利用を主として、コルト・カナダ製の 5.56mm L119A2 (C8) 自動小銃の発注数を増加させることが分かった。

関連記事:
コルト・カナダが開発中の次世代型ライフル「MRR C7/C8 Upgrade」 アメリカ海兵隊も開発に参加中

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    契約は、国防省直轄にある陸上装備調達部門の歩兵閉所戦闘 (DCC: Dismounted Close Combat) チームが担当している。契約額は 52 万 2,000 ポンド (= 7,500 万円) 増加し、総額は 438 万 7,599 ポンド (=約 6 億 3,200 万円) になることが示されている。

    今回の契約拡張の理由について、「コルト・カナダはデザインを担保し、銃全体の統合性能があるため、契約書を事前に公表することなく、交渉手続を用いてこの契約を行うことができると考えられた」ことが示されている。


    Photo: Colt Canada official website
    L119A1 (PN/ 08059C-3) からのアップデート版となる L119A2 は、ハンドガードとレシーバーが一体化されたカスタム統合アッパーレシーバー (モノリシックアッパー)、カスタム・フラッシュ・コンペンセーター、Black ベースに TAN カラー仕上げされたツートン調、射手の利き腕に左右されないアンビコントロール、射手の好みに素早く調整可能なカスタム銃床を備えている。

    コルト・カナダの公式ページに示された L119A2 の写真によると、スタンダード・カービンと CQB モデルの 2 バリエーションで展開し、いずれもマグプル (Magpul) CTR ストック、Magpul EMAG、エルゴグリップ (ErgoGrip) の取り付けが確認できる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」
    マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論
    カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介
    特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録
    「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴
    米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス軍の次期制式採用小銃トライアルに提出されたクロアチアHSプロダクト製「VHS-F2 ONCILLE」 (2017-11-17 18:56)
     マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 (2017-11-16 12:15)
     カラシニコフ社が1948年に製造されたAK-47のプロトタイプを紹介 (2017-11-10 17:42)
     特殊部隊・捜索救難チームも関心を寄せる「アイアンマンスーツ」が世界最速のギネスワールドレコードを記録 (2017-11-10 16:53)
     「CoDゲームでハンヴィーが無断使用された」AMゼネラル社が「商標権」侵害でアクティヴィジョン社を提訴 (2017-11-10 11:29)
     米海兵隊が一部の部隊に「グロック19M」を配備と公表 (2017-11-08 17:32)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop