NEWS

英国防省がコマンド部隊向けにコルト・カナダ製 L119A2 ライフルの発注を増加

海外軍事

Photo: via Project: Diemaco L119a2 FaceBook page
Image is for illustration purposes only.
欧州政府調達サイト (TED: Tenders Electronic Daily) の 11 月 30 日付け公告において、英国防省が、コマンド部隊 (特殊部隊) での利用を主として、コルト・カナダ製の 5.56mm L119A2 (C8) 自動小銃の発注数を増加させることが分かった。

関連記事:
コルト・カナダが開発中の次世代型ライフル「MRR C7/C8 Upgrade」 アメリカ海兵隊も開発に参加中

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    契約は、国防省直轄にある陸上装備調達部門の歩兵閉所戦闘 (DCC: Dismounted Close Combat) チームが担当している。契約額は 52 万 2,000 ポンド (= 7,500 万円) 増加し、総額は 438 万 7,599 ポンド (=約 6 億 3,200 万円) になることが示されている。

    今回の契約拡張の理由について、「コルト・カナダはデザインを担保し、銃全体の統合性能があるため、契約書を事前に公表することなく、交渉手続を用いてこの契約を行うことができると考えられた」ことが示されている。


    Photo: Colt Canada official website
    L119A1 (PN/ 08059C-3) からのアップデート版となる L119A2 は、ハンドガードとレシーバーが一体化されたカスタム統合アッパーレシーバー (モノリシックアッパー)、カスタム・フラッシュ・コンペンセーター、Black ベースに TAN カラー仕上げされたツートン調、射手の利き腕に左右されないアンビコントロール、射手の好みに素早く調整可能なカスタム銃床を備えている。

    コルト・カナダの公式ページに示された L119A2 の写真によると、スタンダード・カービンと CQB モデルの 2 バリエーションで展開し、いずれもマグプル (Magpul) CTR ストック、Magpul EMAG、エルゴグリップ (ErgoGrip) の取り付けが確認できる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop