NEWS

英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露

海外軍事

Photo from UK Government
Crown Copyright.
英国ロンドンで開催された国際防衛展示会「DSEI(Defence and Security Equipment International)2017」において、同国防省と王立芸術大学院大学「ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA: Royal College of Art)」が共同で開発中の陸軍向け戦闘ユニフォームが展示された。

関連記事:
英国防省、2020 年代の実戦投入を目指す 兵士装備計画「FSV (Future Soldier Vision) 」

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    国防省は現在、近未来の兵士用に「FSV(Future Soldier Vision)」と呼ばれる装備調達計画を打ち立ており、兵士に高品質で最先端の製品を提供すべく、その開発に取り組んでいる。

    計画は、更なる強靭さも兼ね揃えた改良型ボディーアーマーと最新のビルトイン型コミュニケーションシステムを搭載した新型のハイテク・ヘルメットの他、各種機能を実装した被服など、産業界に最先端技術と軍事的ニーズを配分させる統合兵士システムの提供を目指している。

    関連記事:
    BAE システムズ社、無線による電力供給システムを持つ新しい軍服を開発


    Photo from UK Government
    Crown Copyright.
    今回展示されたユニフォームは、その一環となるもので、RCAの研究者やデザイナーが兵士の体にフィットし、動き易く快適な着用感を得る試作品の開発をおこなっており、「相変化素材(phase-change material)」なる4方向のストレッチ材や、静粛性に富んだ「サイレント・フック・アンド・ループ・ポケット」などが実装された「先進戦闘服(advanced combat clothing)」がデザインされている。

    RCAが作り上げた試作品の幾つかは、その評価をおこなうために、ウォーミンスターにある陸軍歩兵学校(SWS: Specialist Weapons School)へ納品されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop