NEWS

英国防省と王立芸大がタッグを組んで開発。陸軍歩兵学校で評価中の先進戦闘服が国際防衛展示会で披露

海外軍事 Comments(0)

Photo from UK Government
Crown Copyright.
英国ロンドンで開催された国際防衛展示会「DSEI(Defence and Security Equipment International)2017」において、同国防省と王立芸術大学院大学「ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA: Royal College of Art)」が共同で開発中の陸軍向け戦闘ユニフォームが展示された。

関連記事:
英国防省、2020 年代の実戦投入を目指す 兵士装備計画「FSV (Future Soldier Vision) 」
国防省は現在、近未来の兵士用に「FSV(Future Soldier Vision)」と呼ばれる装備調達計画を打ち立ており、兵士に高品質で最先端の製品を提供すべく、その開発に取り組んでいる。

計画は、更なる強靭さも兼ね揃えた改良型ボディーアーマーと最新のビルトイン型コミュニケーションシステムを搭載した新型のハイテク・ヘルメットの他、各種機能を実装した被服など、産業界に最先端技術と軍事的ニーズを配分させる統合兵士システムの提供を目指している。

関連記事:
BAE システムズ社、無線による電力供給システムを持つ新しい軍服を開発


Photo from UK Government
Crown Copyright.
今回展示されたユニフォームは、その一環となるもので、RCAの研究者やデザイナーが兵士の体にフィットし、動き易く快適な着用感を得る試作品の開発をおこなっており、「相変化素材(phase-change material)」なる4方向のストレッチ材や、静粛性に富んだ「サイレント・フック・アンド・ループ・ポケット」などが実装された「先進戦闘服(advanced combat clothing)」がデザインされている。

RCAが作り上げた試作品の幾つかは、その評価をおこなうために、ウォーミンスターにある陸軍歩兵学校(SWS: Specialist Weapons School)へ納品されている。

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop