NEWS

英国防省が過去 2 年間で 400 点近くの装備品の行方が不明であると発表

海外軍事

Photo from UK MoD
© Crown Copyright
Image is for illustration purposes only.
英国防省が、陸軍の基地から大量の装備品の行方が分からなくなっている実態を発表した。判明しているだけでも、2014 年度から 400 点近くの装備品が行方不明になっているという。

関連記事:
英陸軍特殊部隊 SAS の装備品を横流し、eBay で不正転売した容疑で兵士 2 名と民間人 1 名が訴追

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ナイトビジョンゴーグルや、レプリカのスナイパーライフルの他に、業務用キッチン、戦車用の装甲プレート 68 枚、軍で使用していたランドローバー製の車輌 2 輌、カヤック 1 隻、果ては航空機用のコンテナなど、にわかに信じ難い「大物」までもが盗難の被害に遭っていた。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop