NEWS

故オサマ・ビン・ラディン容疑者の実子『ハムザ』殺害・捕縛のため、英軍特殊部隊SASがシリアに派遣か

海外軍事

Photo from AL-JAZEERA
英軍対テロ特殊部隊の精鋭隊員が、故オサマ・ビン・ラディン容疑者の実子であるハムザ・ビン・ラディン(Hamza Bin Laden)の捜索ミッションを開始。ハムザの「殺害」または「捕縛」命令が下されているという。

国内タブロイド紙であるザ・サンを発信源としたこの一報が、その後、米国や中東ニュースサイトを賑わしている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ザ・サンによると、この「ハムザ捜索」に参加しているのは、陸軍特殊部隊SAS隊員×40名から成る統合共同特殊作戦チーム。結成されたこのチームは、シリアに派遣されたという。

    9.11の首謀者、オサマ・ビン・ラディン容疑者は2011年5月2日、パキスタン・アボッタバードの潜伏先で米海軍特殊部隊ST6(SEAL Team 6, a.k.a. "DevGru")レッドチームの急襲作戦により死亡。この作戦でオサマの息子3名が死亡したものの、その中にハムザは含まれていなかった。

    サウジアラビア生まれのハムザは現在28歳。オサマが「最愛の息子だ」と呼んだほど寵愛されていたことが知られている。
    2015年8月14日、ハムザはイスラム過激派たちに向けて西側諸国に対する復讐攻撃を唱え、ロンドンのテロ攻撃を称賛する映像メッセージを発信している。

    オサマ亡きアルカイダには、米国が指名手配中のザワヒリ容疑者がいるものの、リーダーの資質に欠けていると言われ、神格化した父の血統を受け継ぐハムザこそ次期リーダーに相応しいとした声が挙がっているとも言われている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop