アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from U.S. Airforce
先日海兵隊が全軍で使用を許可したマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」について、空軍も許可したことが明らかになった。

参考:アメリカ海兵隊がマグプル社のポリマー弾倉「PMAG」の使用を全軍に承認 - ミリブロNews

対象となるユーザーは、すべてのM4/M4A1カービン、GUU-5Pカービン、M249 SAWの使用者。即時全数交換ではなく、現在使用中の弾倉が損耗した際に順次交換になる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    なお、導入にあたっては陸軍が2015年に行ったM855A1弾薬とメーカー各社の弾倉の互換性テストのレポートを参考にしたという。このテストでPMAGが圧倒的な性能を示したのが導入の決め手となった。

    しかしテストを実施した陸軍は、2012年以来「使用は各部隊指揮官の判断に委ねる」というグレーな状態が続いており未だPMAG使用を全面解禁していない。代わりに2013年7月から独自に性能強化型弾倉「EPM」を開発し2016年から支給開始している。

    EPMは深刻な性能不足が問題になっているがPMAG全面解禁についてはやっと検討が始まったところであるという。この陸軍の非合理性をみるにPMAG全面解禁は少し先のことになるのかもしれない。

    関連記事:
    アメリカ陸軍のAR用性能強化弾倉「EPM」の深刻な性能不足が問題に - ミリブロNews
    「なぜ陸軍ではポリマー素材の弾倉を使うことができないのか」米上院議員らが公開質問 - ミリブロNews

    Source: US Air Force Adopts Magpul GEN M3 PMAG - Soldier Systems Daily
    PMAG, Magpul Gen 3, U.S. Air Force replaces Army magazines

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201709
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop