NEWS

兵士の状況認識能力を改善。米陸軍の「HUNTR」システム

海外軍事

U.S. Army photo by Angie DePuydt
米ジョージア州カセッタのフォート・ベニング陸軍基地において、遠征戦士演習 (AEWE: Army Expeditionary Warrior Experiments) 年次技術展示が開催され、実験部隊 (EXFOR: Experimental Force) となった第 29 歩兵連隊 第 1 大隊が、兵士の状況認識能力を改善する「HUNTR」システムを体験した。

Image from U.S. Army RDECOM CERDEC NVESD


Image from U.S. Army RDECOM CERDEC NVESD
HUNTR システムは、陸軍の通信用電子機器研究開発センター (CERDEC: Communications Electronics Research, Development and Engineering Center) において開発された戦術アプリケーション。昼夜の作戦に対応し、拡張現実 (AR: Augmented Reality) とネットウォーリアー (Nett Warrior) システムを併用してヘッドアップディスプレイ (HUD: Head-Up Display) に映し出すことで、味方撃ちを減らす一方で、攻撃性を高め、生存性と機動能力の向上を見出すというもの。

今回公開された写真を見ると、ケーブル類が通されるなど、電子化に対応するようカスタマイズされたサイドレイルを備える防弾ヘルメットに、イスラエルのルマス (Lumus) 社製 AR デバイスマウントを取り付け、米軍公認規格 (APEL: Authorized Protective Eyewear List) アイウェアに被せて利用していることが分かる。

HUNTR はまた、兵士の拡張ナイトビジョンゴーグルII(AN/PSQ-20A)にグラフィックスとアイコンを表示する。AN/PSQ-20 は、夜間での微弱な光を増幅させて視界を確保するナイトビジョンと、光が殆ど存在しない環境下で熱分布を図示するサーマルビジョンの機能を併せて搭載することで、様々な悪条件下での視界を得ることができる。

陸軍が 2015 年 10 月末に発表した HUNTR の開発スケジュールは以下の通りとなっている。

Image from U.S. Army RDECOM CERDEC NVESD


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止
ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画
米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画
コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 「Aimpoint T-1は捨てたほうがいい」元デルタのインストラクターが講座での使用を禁止 (2017-03-27 19:03)
 ドイツが独自の第6世代ステルス戦闘機(FCAS)を組み立てる新プログラムの初期段階に (2017-03-27 14:26)
 米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中 (2017-03-27 13:09)
 米陸軍が多領域戦場での負傷者救護を目的にCH-47のようなドローンの利用を計画 (2017-03-24 18:53)
 米陸軍が疲労骨折防止と身体能力向上を狙って、新兵に夜食用の「チョコレート・スナックバー」支給を計画 (2017-03-24 16:48)
 コーヒーチェーン最大手のスターバックスが、2025年までに25,000人の退役軍人らの雇用計画を発表 (2017-03-24 13:52)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop