NEWS

米陸軍の新型ボディーアーマー「MSV」の試験が最終段階に。早ければ2018年夏迄に支給へ

海外軍事

Photo Credit: U.S. Army photo by Staff Sgt. Lance Pounds
現代戦の中で、兵士が着用・携行する各種装備品の軽量化は喫緊の課題となっている。米陸軍は10月31日、新型ボディーアーマーのフィールドテストを終えた後に生産体制へ移行する計画を発表した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo Credit: U.S. Army photo by Staff Sgt. Lance Pounds
    第71軍需品グループ(爆発物処理, EOD: Explosive Ordnance Disposal)と第10化学有害即応中隊の隊員が、10月16日~20日に掛けて、新型ボディーアーマー「モジュラー・スケーラブル・ベスト(MSV: Modular Scalable Vest)」の最終フィールドテストに協力。
    フォート・ベルボアで新装備の試作開発とその調達を担っている陸軍PEO(Program Executive Office)ソルジャーで兵士防護個人装備のテスト責任者を務めているステファン・マクネア(Stephen McNair)氏は、「この5年間で4種類のベストと、2種類のプレートキャリアに取り組んできた」「評価を終えれば、生産体制に移行する」「来年夏までには兵士の手元に届けられる予定だ」と語っている。

    関連記事:
    米陸軍、より軽量で快適に動作できる新型の保護ベストとコンバットシャツを開発。2019 年に配備を計画


    Photo Credit: U.S. Army photo by Staff Sgt. Lance Pounds
    陸軍取得支援センター(USAASC: United States Army Acquisition Support Center)によると、MSVは「兵士防護システム(SPS: Soldier Protection System)」の一部であり、陸軍の次世代「個人防護装備(PPE: Personal Protective Equipment)システム」に位置付けられている。SPSは、陸軍既存のPPEと比較して、軽量ながらも防護能力を持つよう設計されたモジュール式で拡張性を持ち、仕立てが容易なシステム。
    MSVは軽量化を図りながらも、その4層構成によって拡張性を持つことが特徴に挙げられる。

    第1層:中に着込むことのできるソフトアーマー
    第2層:プレート付きのソフトアーマー
    第3層:ソフトアーマーと防弾プレートの組み合わせ
    第4層:防弾コンバットシャツとベルトシステムとで構成

    関連記事:
    米陸軍ナティックの歩兵戦闘装備チームが開発した「バリスティック・コンバットシャツ (BCS) 」

    「ティア・システム(Tier System)」と呼ばれる「着込み」の発想によるもので、これにより着用者は、ミッション内容に応じてベストの調整を図ることができるようになっている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    カラシニコフ社の株が民間企業へ売却。国営ロステックは依然ブロックホルダーに
    米軍特殊作戦司令部が複数のスナイパーライフルを「先進狙撃銃(ASR)」へ統合化を検討
    ウィンチェスター社がアメリカ軍用の新型9mmホローポイント弾を展示
    特殊作戦の需要急拡大で疲弊する米軍精鋭隊員。SOCOMは「栄養補助食品」「薬物」の利用で急場しのぎを模索か
    フィンランド国防軍がAimpoint Micro T-2レッド・ドットサイト購入を発表
    大手格付け会社が「レミントン社」の格付けを引き下げ。来年度までに破産・債務不履行の可能性を指摘
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     カラシニコフ社の株が民間企業へ売却。国営ロステックは依然ブロックホルダーに (2017-11-24 18:42)
     米軍特殊作戦司令部が複数のスナイパーライフルを「先進狙撃銃(ASR)」へ統合化を検討 (2017-11-24 14:38)
     ウィンチェスター社がアメリカ軍用の新型9mmホローポイント弾を展示 (2017-11-22 14:31)
     特殊作戦の需要急拡大で疲弊する米軍精鋭隊員。SOCOMは「栄養補助食品」「薬物」の利用で急場しのぎを模索か (2017-11-21 17:16)
     フィンランド国防軍がAimpoint Micro T-2レッド・ドットサイト購入を発表 (2017-11-21 15:22)
     大手格付け会社が「レミントン社」の格付けを引き下げ。来年度までに破産・債務不履行の可能性を指摘 (2017-11-21 13:56)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop