NEWS

米陸軍が空挺部隊用に設計された「エアボーン・タクティカル・アサルト・パネル」の試験を開始

海外軍事

Photo Credit: Photo courtesy of Natick Research laboratories
空挺部隊用に設計された「エアボーン・タクティカル・アサルト・パネル(ABN-TAP)」と呼ばれるロードシステムの実地テストを米陸軍が開始した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ABN-TAPはパラシュート・ハーネスと共に装着する際、快適性、安全性、機動性を発揮する。空挺降下において兵士は個人戦闘装備の上にパラシュート・ハーネスを装着するが、これまでのロードシステムだと胸腹部にあるポーチ類の上にハーネスやT11R予備傘がかぶさり、ハーネスを身体にフィットさせることが難しい上、予備傘の開傘ハンドルを掴み易い位置から遠ざけてしまう。

    それに対しABN-TAPは、予備傘やハーネスをよけた位置にポーチ類を配置することが可能であるため、ハーネスを正しく装着でき、開傘ハンドルも掴み易い位置となる。


    Photo Credit: Photo courtesy of PM Soldier
    ABN-TAPの使用方法についてだが、空挺降下する際、ショルダーハーネスのストラップを緩め、ベスト前部を開いてからパラシュートを装着する。着地しパラシュートを外した後はベスト前部を閉め、ストラップを調節する。そうすればチェストリグの形態となる。

    実地テストのパラシュート降下に参加した兵士は、「ABN-TAPは多くの問題を解決している」と言う。米陸軍は今後、実地テストによりデータを収集し、空挺降下から降下後の活動にABN-TAPが適しているかどうかを評価していく。将来、ABN-TAPが制式採用となる日が来るかもしれない。

    Text: ムッシュ・コナギ - FM201709

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か
    米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示
    韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中
    「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施
    コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売
    米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ガイズリー社のSMR Mk. 16ハンドガードがSOPMOD Block IIIに採用か (2017-12-12 12:58)
     米陸軍の熱帯地向け戦闘服&ジャングル戦闘ブーツがメディア会合で展示 (2017-12-12 12:03)
     韓国初となる.50口径対物狙撃銃をS&T Motiv社が開発中 (2017-12-11 19:08)
     「サザーン・ストライク18」演習で米陸軍第3特殊部隊グループの隊員がCQB訓練を実施 (2017-12-11 18:40)
     コルト純正「M203グレネードランチャー」が史上初めて民間向けに発売 (2017-12-08 14:07)
     米軍特殊作戦司令部が精鋭オペレーターの代表的な実態を盛り込んだ「2018年 実情調査書」を発出 (2017-12-08 13:46)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop