NEWS

米陸軍が空挺部隊用に設計された「エアボーン・タクティカル・アサルト・パネル」の試験を開始

海外軍事

Photo Credit: Photo courtesy of Natick Research laboratories
空挺部隊用に設計された「エアボーン・タクティカル・アサルト・パネル(ABN-TAP)」と呼ばれるロードシステムの実地テストを米陸軍が開始した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    ABN-TAPはパラシュート・ハーネスと共に装着する際、快適性、安全性、機動性を発揮する。空挺降下において兵士は個人戦闘装備の上にパラシュート・ハーネスを装着するが、これまでのロードシステムだと胸腹部にあるポーチ類の上にハーネスやT11R予備傘がかぶさり、ハーネスを身体にフィットさせることが難しい上、予備傘の開傘ハンドルを掴み易い位置から遠ざけてしまう。

    それに対しABN-TAPは、予備傘やハーネスをよけた位置にポーチ類を配置することが可能であるため、ハーネスを正しく装着でき、開傘ハンドルも掴み易い位置となる。


    Photo Credit: Photo courtesy of PM Soldier
    ABN-TAPの使用方法についてだが、空挺降下する際、ショルダーハーネスのストラップを緩め、ベスト前部を開いてからパラシュートを装着する。着地しパラシュートを外した後はベスト前部を閉め、ストラップを調節する。そうすればチェストリグの形態となる。

    実地テストのパラシュート降下に参加した兵士は、「ABN-TAPは多くの問題を解決している」と言う。米陸軍は今後、実地テストによりデータを収集し、空挺降下から降下後の活動にABN-TAPが適しているかどうかを評価していく。将来、ABN-TAPが制式採用となる日が来るかもしれない。

    Text: ムッシュ・コナギ - FM201709

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop