NEWS

「両腕からM240B機関銃の重量感を完全排除」 米陸軍研究所の耐荷重外骨格『サードアーム(Third Arm)』

海外軍事
米陸軍研究所(Army Research Laboratory)が、『サードアーム(Third Arm)』と呼ぶ耐荷重外骨格(load-bearing exoskeleton)の開発経過を公開した。

同研究所では、軽量でバッテリーを必要とせず、重量のある武器携行時の負荷を出来る限り分散できる仕組みを模索している。サードアームは文字通り、兵士の両腕に続く「第三の腕」となる外骨格であり、小火器を携行する際の重量負荷を軽減できるだけでなく、ターゲット目掛けて構えた際(エイミング時)に安定化を図るというもの。昨年を通じておこなわれた試験では、見事その狙いに叶った成果を出している。

関連記事:
米陸軍研究所がアーマーベストに取り付け、武器携行時の兵士の重量負荷を軽減させる「第3の腕」を研究中
豪陸軍、リーパー・ウェポン・サポート (Reaper) システム導入に当たって評価試験を実施

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Screenshot from U.S. Army Research Laboratory (ARL) official YouTube channel
    現在の試作品では、最先端の複合材料を使用したことで、システム全体重量を4ポンド(=約1.8キログラム)未満とした他、装置自体の重量感を出来る限り兵士に感じさせないよう均等に分散させるデザイン設計がなされている。


    Photo Credit: Conrad Johnson
    これまでおこなわれた試験の中で、兵士の両腕から27ポンド(=約12キログラム)のM240B機関銃の重量感を「完全排除」に至っているとのこと。また初期の試作品では、現場の兵士からプローン(うつ伏せ)射撃への対応に不満の声が寄せられていたが、その辺りも改善されている。加えて、映像からは左右両方の射撃にも対応できている様子がうかがえる。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    敵目前にジャムを起こしたグロックで3名の敵を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝
    「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表
    1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発
    フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し
    「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決
    ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     敵目前にジャムを起こしたグロックで3名を撲殺した英陸軍特殊部隊SAS隊員の武勇伝 (2018-06-19 16:08)
     「世界には10億挺の銃が氾濫し、その約85%が民間所有」国際開発研究大学院が最新レポートを発表 (2018-06-19 15:00)
     1日でコンクリート製の兵舎を出力できる大型3Dプリンタをアメリカ陸軍が開発 (2018-06-18 22:20)
     フランス軍特殊部隊がイエメンで地上展開。アラブ連合を後押し (2018-06-18 21:04)
     「国産」と偽り中国製ブーツを米軍に納入していた『ウェルコ社』幹部5名に判決 (2018-06-15 16:22)
     ガンマウント対応の小型カメラ(WMC)『ファクト・デューティー』が米警察署に初めて制式配備 (2018-06-15 12:22)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop