NEWS

アメリカ陸軍もポリマー弾倉「PMAG」の採用を検討開始

海外軍事

Photo by Lance Cpl. Suzanna Lapi
This photo is for illustration purposes only.
先日、M27 IARと陸軍が使用中のM855A1弾薬との相性問題を解決すべく海兵隊はマグプル社のポリマー弾倉「PMAG」を全面的に導入した。これに続き、陸軍でも同弾倉の導入を検討する動きが見られる。

アメリカ海兵隊がマグプル社のポリマー弾倉「PMAG」の使用を全軍に承認 - ミリブロNews

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Screen shot from U.S. Army Project Manager Soldier Weapons
    アメリカ軍はM855A1弾薬の導入と合わせて、性能増強型の弾倉(Enhanced Performance Magazine)を導入した。しかしながら微妙な寸法の違いによって動作不良を起こしやすく、評価はあまり高くないという。

    こうした背景や議会のコストダウン圧力によってPMAG採用のための調査が2017年2月に承認され、近日開始される見込み。調査では動作性に加え、大量の導入となることから調達計画の策定や、議会での承認を受けるべく法的問題・契約形態の評価を行うとしている。

    Source: LTC Steven Power 2017 NDIA conference(PDF)

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201706
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    H&K社の新型ポリマー弾倉「HK GEN3 PM」がEUの知的財産庁に登録
    ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス
    チェコがイラクに陸軍「第601特殊部隊グループ」の精鋭×最大200名の派兵を検討
    中国北方工業公司のロゴが入ったグロックのクローンフレームが目撃される
    EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表
    国防にも穴が…米国南部の州は「肥満率」が高過ぎて陸軍の新兵採用を困難に
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     H&K社の新型ポリマー弾倉「HK GEN3 PM」がEUの知的財産庁に登録 (2018-01-19 20:36)
     ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス (2018-01-19 16:40)
     チェコがイラクに陸軍「第601特殊部隊グループ」の精鋭×最大200名の派兵を検討 (2018-01-19 14:45)
     中国北方工業公司のロゴが入ったグロックのクローンフレームが目撃される (2018-01-18 19:40)
     EOTechが6倍近く視認性が高い「グリーン・レティクル」を初採用したXPS、EXPSモデルを発表 (2018-01-17 14:40)
     国防にも穴が…米国南部の州は「肥満率」が高過ぎて陸軍の新兵採用を困難に (2018-01-16 14:52)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop