ゲームが作る未来の軍隊―テレビゲームでシミュレーションする米陸軍

海外軍事 ビデオゲーム Comments(0)

Photo Credit: U.S. Army courtesy photo
現在、アメリカ軍では画期的な取り組みをしている。それはテレビゲームを使った作戦シミュレーションである。
このテレビゲームを使ったシミュレーションは、陸軍内でオーバーマッチ作戦と呼ばれ、陸軍訓練教義軍団(Training and Doctrine Command・・・TRADOC)、陸軍研究開発司令部が管轄する、正規の作戦である。この作戦は、初期合成プロトタイプ効果(Early Synthetic Prototyping effort)内のゲーム環境で、さまざまな装備や兵器をテストし、その結果を開発者や技術者に提供するものである。

Photo Credit: U.S. Army courtesy photo
「従来のシミュレーションは、非破壊検査や耐久試験などでしたが、オーバーマッチ作戦では、戦場での有効性を検証するものです。それゆえ、テレビゲームはまったく適した媒体なのです」。ブライアン・ボグト中佐(陸軍 訓練・ドクトリン指令統合センター)は語る。

同作戦では、8対8の模擬戦を現実に即したシナリオで行い、兵器の性能をチェックする。

「テレビゲームの模擬戦を通して、兵士は装備や作戦、部隊編成が最も有効かどうかを知ることができるのです」。マイケル・バーネット作戦責任者は語る。シミュレーションでは、ときには敵が優勢な条件で戦うこともある。「ゲームの結果から、何を使い、何を変更し、何を捨てるべきかをすぐに理解することができるのです」。また単なる戦闘のシミュレーションだけではなく、個々の兵器の威力や性能なども自由に変更することができる。「たとえば装甲車のエンジンの性能をゲーム内で変更すると、その装甲車の加速や燃費、搭載燃料量などまですぐに分かります」。
これらはゲーム内のオプションであり、簡単に選択して、すぐに戦場へ投入することができる。もちろん変更の度合いは、技術者が妥当性を判断したものに限られる。

ゲーム結果は収集され、新しい戦術の評価や更なる研究のために活用される。たとえば車両/武器のバリエーションやフルスケールプロトタイプを作るまでのコストが分かるという。兵器や武器システムを物理的に製作する年月は膨大であるが、ゲーム内なら数秒で変更・採用することができる。

将来は、戦争ゲーマーが兵器の評価や作戦を考案する士官になっているかもしれない。

Text: 友清仁 - FM201709

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop