NEWS

米陸軍が新装備の評価演習で「ドローン・ディフェンダー」を投入

海外軍事
米テキサス州フォート・ブリスにある陸軍基地内の訓練場でおこなわれた、陸軍戦士評価 (AWA: Army Warfighter Assessment) 演習において、新装備の「ドローンディフェンダー (DroneDefender) 」が投入された。


Capture screen: via 7th Mobile Public Affairs Detachment


Capture screen: via 7th Mobile Public Affairs Detachment
ライフルのような外観が特徴的なドローン・ディフェンダーは、米国のバテル記念研究所 (Battelle Memorial Institute) により開発。上空を飛行するドローンの制御を乗っ取り強制着陸させることができる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    今年 7 月には、「ゴースト・フリート (Ghost Fleet) 」の共著者の 1 人で、ニュー・アメリカ財団の戦略家として知られるピーター・シンガー (Peter Singer) 氏によって、イラク北部マフムール郊外にあるベル発射基地 (Fire Base Bell) 内で実戦投入されたとみられるドローンディフェンダーの姿が撮影されている。

    関連記事:
    米軍、対ダーイッシュ (IS) 用途にドローンディフェンダー (DroneDefender) を早くも実戦投入か

    国防総省は今夏、議会に対して、ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL) が利用する小型ドローンの対策に向けて、「アンチ・ドローン・ウェポン」の配備を含めた予算の割り当てを要請している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助
    UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)
     「キリスト教を捨てて改宗せよ」IS戦闘員に斬首されそうな一家を英軍SASスナイパーが1Km先から救助 (2017-10-16 18:03)
     UAEが『ブラックウォーター』に訓練された傭兵を投入し「カタール」侵攻を計画か。ホワイトハウスにより白紙撤回 (2017-10-16 13:17)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop