NEWS

米陸軍が新装備の評価演習で「ドローン・ディフェンダー」を投入

海外軍事
米テキサス州フォート・ブリスにある陸軍基地内の訓練場でおこなわれた、陸軍戦士評価 (AWA: Army Warfighter Assessment) 演習において、新装備の「ドローンディフェンダー (DroneDefender) 」が投入された。


Capture screen: via 7th Mobile Public Affairs Detachment


Capture screen: via 7th Mobile Public Affairs Detachment
ライフルのような外観が特徴的なドローン・ディフェンダーは、米国のバテル記念研究所 (Battelle Memorial Institute) により開発。上空を飛行するドローンの制御を乗っ取り強制着陸させることができる。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    今年 7 月には、「ゴースト・フリート (Ghost Fleet) 」の共著者の 1 人で、ニュー・アメリカ財団の戦略家として知られるピーター・シンガー (Peter Singer) 氏によって、イラク北部マフムール郊外にあるベル発射基地 (Fire Base Bell) 内で実戦投入されたとみられるドローンディフェンダーの姿が撮影されている。

    関連記事:
    米軍、対ダーイッシュ (IS) 用途にドローンディフェンダー (DroneDefender) を早くも実戦投入か

    国防総省は今夏、議会に対して、ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL) が利用する小型ドローンの対策に向けて、「アンチ・ドローン・ウェポン」の配備を含めた予算の割り当てを要請している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop