NEWS

伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中

海外軍事

U.S. Army photos by Angie DePuydt.
通信機のアンテナの性能はその長さが大きく影響する。通信機をフルに活用するにはなるべく長いものを用意したいが、兵士が持ち運べる長さには限度がある。RolaTube社の技術はこれを解決するものだ。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    RolaTubeは布カバーに収めたグラスファイバー製のマットで丸めると寝袋ほどのサイズになる。広げて巻く方向を変えることで23フィート(約7メートル)のポールになる。

    U.S. Army photos by Angie DePuydt.

    Rolatube Technology Extending Technology Rollout/Rollup Tactical Ladder and Tactical Antenna Mast - YouTube

    ワイヤーなどを用いて地面に立てるのが基本的な使い方である。しかし受信状態が悪い場合は、3mで約1.2㎏という軽さを生かして周囲の樹木にアンテナを吊るし高さを稼いで、見通しをよくすることもできる。
    RolaTube Expeditionary Systems - タイムライン


    アンテナ以外にも測量用のポールや偵察用カメラの支柱など様々な機器に応用されている。ノルウェーのヘンリクセン社はRolaTubeを用いて船舶に乗り移る際に縄梯子をかけるためのポールを提供している。
    REBS - Boarding operation with telescopic pole - YouTube

    Source: Army Expeditionary Warrior Experiments Facebook page

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201702
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備
    米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出
    フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     重武装テロリストに対処する為、フランス警察特殊部隊『RAID』が武器庫に「.300BLK」対応の『SIG MCX』を配備 (2018-04-24 16:37)
     米陸軍が『改良版ギリーシステム(IGS)』の情報提供依頼書を発出 (2018-04-24 12:46)
     フランス警察特殊部隊『RAID』が屋内偵察に特化した「球形飛行体」を採用 (2018-04-20 11:44)
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop