NEWS

伸ばすと7メートルの棒になる小さなロールマット「RolaTube」を使用したアンテナを米陸軍がテスト中

海外軍事

U.S. Army photos by Angie DePuydt.
通信機のアンテナの性能はその長さが大きく影響する。通信機をフルに活用するにはなるべく長いものを用意したいが、兵士が持ち運べる長さには限度がある。RolaTube社の技術はこれを解決するものだ。
RolaTubeは布カバーに収めたグラスファイバー製のマットで丸めると寝袋ほどのサイズになる。広げて巻く方向を変えることで23フィート(約7メートル)のポールになる。

U.S. Army photos by Angie DePuydt.

Rolatube Technology Extending Technology Rollout/Rollup Tactical Ladder and Tactical Antenna Mast - YouTube

ワイヤーなどを用いて地面に立てるのが基本的な使い方である。しかし受信状態が悪い場合は、3mで約1.2㎏という軽さを生かして周囲の樹木にアンテナを吊るし高さを稼いで、見通しをよくすることもできる。
RolaTube Expeditionary Systems - タイムライン


アンテナ以外にも測量用のポールや偵察用カメラの支柱など様々な機器に応用されている。ノルウェーのヘンリクセン社はRolaTubeを用いて船舶に乗り移る際に縄梯子をかけるためのポールを提供している。
REBS - Boarding operation with telescopic pole - YouTube

Source: Army Expeditionary Warrior Experiments Facebook page

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201702
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画
米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介
イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに
特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編
アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中
ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 3Dプリンター製グレネードランチャー「RAMBO」が出力される様子をとらえた動画 (2017-05-26 13:57)
 米陸軍CERDECが国防総省装備展示イベントで戦術拡張現実「TAR」を紹介 (2017-05-25 16:31)
 イラクに提供した数万挺のアサルトライフルを含む1,100億円以上の米軍武器の監視が不十分であることが明らかに (2017-05-25 11:44)
 特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海軍特殊部隊NSW編 (2017-05-24 17:22)
 アメリカ陸軍特殊部隊司令部が「SOPMOD用新アッパーレシーバーグループ」の開発を計画中 (2017-05-23 14:50)
 ジャンヌダルク多国籍軍事演習に参加した米海兵隊と仏海軍特殊部隊コマンド・マリーンの合同射撃訓練映像 (2017-05-23 13:26)

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop