NEWS

米陸軍が第101空挺師団に新型モジュラーピストル×2,000挺を11月に支給開始。10年越しで全部隊に配備へ

海外軍事

Photo Credit: Sig Sauer
米陸軍は、新型モジュラーハンドガンとして選定したM17(フルサイズ版)、M18(コンパクト版)ピストルを、今年11月に支給開始すると発表した。

第一陣は2,000挺となり、支給先は既報の通りケンタッキー州フォート・キャンベルの第101空挺師団(空中強襲)であることが示されている。

関連記事:
SIG P320最初の支給先は陸軍第101空挺師団に

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    陸軍・空軍のXM17 MHS(Modular Handgun System)コンペに勝利したシグ・サワー社は今年1月に、5億8,000万ドル(=約654億円)の契約を獲得。陸軍は、ウィンチェスター社を弾薬供給の下請け事業者とし、引き続き9㎜弾を利用する。

    最終的に陸軍は、10年越しで隷下の全部隊に支給するとのこと。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    アメリカ陸軍 MCX自動小銃100丁を含む多数の銃器をシグ社から購入
    フランス法執行機関向けGlock17ピストルとUMPサブマシンガンの購入契約
    アメリカ陸軍 催涙ペイント弾を撃ち出して暴徒を鎮圧する「VKS」の購入契約を締結
    フランス軍の新型歩兵装備
    アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始
    米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     アメリカ陸軍 MCX自動小銃100丁を含む多数の銃器をシグ社から購入 (2018-07-20 12:05)
     フランス法執行機関向けGlock17ピストルとUMPサブマシンガンの購入契約 (2018-07-18 12:15)
     アメリカ陸軍 催涙ペイント弾を撃ち出して暴徒を鎮圧する「VKS」の購入契約を締結 (2018-07-18 11:16)
     フランス軍の新型歩兵装備 (2018-07-17 12:50)
     アメリカ陸軍がM870モジュラーショットガンの情報を収集開始 (2018-07-12 13:33)
     米陸軍 警護任務向けの9mmサブコンパクトウェポン購入計画の中止を発表 (2018-07-12 13:23)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop