NEWS

米陸軍 H&K G28E-110小銃ベースの新型分隊支援火器(SDMR)を9月から配備開始予定

海外軍事 Comments(0)

Photo Credit: Courtesy photo
アメリカ陸軍は、7.62mm口径の新型分隊支援火器(SDMR)の旅団レベルでの配備を9月から開始すると発表した。

関連記事:
アメリカ陸軍が新分隊選抜射手小銃としてM110A1 CSASSの調達を2019年度予算案に盛り込む - ミリブロNews
米陸軍の『分隊選抜射手ライフル(SDMR)』にシグ社のライフルスコープ『TANGO6 1-6×24』が選定 - ミリブロNews
SDMRはM110A1 CSASSと同じく、H&K社のG28E-110小銃をベースにした小銃。2015年に行われた調査では、一般的な歩兵の戦闘距離は300メートル以下、狙撃兵は600メートルから先であったことが判明しており、SDMRはこのギャップを埋める存在となる。M80A1弾薬、あるいはXM1158先進徹甲弾の使用が想定されており、これに併せてCSASSとはライフリングのピッチが変更されている。

また、7.62mmの新型火器配備計画と同時に、7.62mmの軽量弾薬の開発も進んでいる。M240軽機関銃などの支援火器は大量の弾薬を必要としており、この携行量を増やすには軽量化が欠かせない。

現在はステンレスの射出成形、真鍮とポリマーのハイブリッド、ステンレスとポリマーのハイブリッド薬莢の開発と評価が進んでいる。陸軍だけでなく、SOCOMや英軍とも共同で開発しており、2021会計年度中に評価試験を終え、22年度から配備開始を計画している。また7.62mmだけでなく、.50口径など他の弾薬への適用も計画されているという。

関連記事:
アメリカ軍の次世代弾薬「プラスチック薬きょうテレスコープ弾」の現在 - ミリブロNews

Source: Army to field Squad Designated Marksman Rifle in September | Article | The United States Army

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201806
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
ウクライナ軍にカナダ製50口径スナイパーライフルシステム「LRT-3」が納入
米麻薬取締局(DEA)がミステリーランチ製『オーバーロード・パック』の単独供給契約を予定
イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定
アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる
シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得
アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 ウクライナ軍にカナダ製50口径スナイパーライフルシステム「LRT-3」が納入 (2018-08-20 18:16)
 米麻薬取締局(DEA)がミステリーランチ製『オーバーロード・パック』の単独供給契約を予定 (2018-08-20 14:32)
 イギリス陸軍 L86A2 LSWなど3種類の支援火器の廃止を正式に決定 (2018-08-17 18:20)
 アメリカ議会 海兵隊のM27 IAR購入予算を抑制する動きを見せる (2018-08-17 18:10)
 シグ社 拳銃用の超小型内蔵サイレンサーの特許を取得 (2018-08-17 17:56)
 アメリカ陸軍 9mm口径のサブコンパクトウェポン(SCW)選定コンペを再開 (2018-08-17 17:24)
この記事へのコメント
コメントは即時に反映されます。ご自身の責任でご利用ください。
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop