NEWS

米陸軍第101空挺師団(空中強襲)にMHSの配備が始まる

海外軍事
27日、米ケンタッキー州フォート・キャンベルの陸軍第101空挺師団(空中強襲)の兵士の元に、真新しいピストルが届けられた。

関連記事:
米陸軍が第101空挺師団に新型モジュラーピストル×2,000挺を11月に支給開始。10年越しで全部隊に配備へ

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    101st ABN DIV (AASLT) MHS Fielding (Part 1)
    シグ・サワー(SIG Saurer)社のP320ピストルをベースとしたモジュラー・ハンドガン・システム(MHS: Modular Handgun System)は今年1月に、現行制式ピストルであるM9からのリプレイスを狙ったコンペにおいて、ベレッタ、グロック、FNアメリカ社からの提案を押しのけ、最大5億8,000万ドル(=約654億円)におよぶ契約を獲得。シグ社は今後10年に渡る契約の中で、陸軍に向けてフルサイズ版M17、コンパクト版M18の供給を続けることになる。


    A screenshot from DVIDS
    現在目下の取り組みは、この新型ピストルの運用を現場レベルで馴染ませるため、メインウェポンであるM4ライフルとの「トランジション(切り替え)」を円滑におこなえるよう兵士らに体得させるなど、新たなトレーニング計画を構築することにある。一方で陸軍は、全部隊がMHSを有効に使いこなせるよう、その資格を得るまでの間、引き続きM9ピストルを保持すると決めている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop