NEWS

新たな能力獲得と戦術的優位性の確保を狙う米陸軍の将来兵士イメージ映像

海外軍事
米陸軍ナティック兵士研究開発技術センター(NSRDEC: Natick Soldier Research, Development and Engineering Center)が、将来の兵士像をまとめた映像を公開した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    それによると将来の兵士は、森林、砂漠、市街地、ジャングル、北極圏…と広範囲な環境を支配し、新たな能力と戦術的優位性を維持する技術の受給者でなければならないとし、以下5項目での取り組みを紹介している。

    ■射撃能力
    ・兵士の性能―認知と肉体
    ・拡張現実
    ・人工的に構築された訓練

    ■機動力
    ・外骨格
    ・兵士の性能
    ・各種兵士システムとの統合化
    ・軽量化

    ■通信能力
    ・センサー化された兵士
    ・兵士管理
    ・ネットウォーリアーとの統合

    ■防護能力
    ・ボディーアーマー
    ・統合頭部防護
    ・シグネチャ管理
    ・隠匿
    ・囮(おとり)

    ■持続能力
    ・兵站要求
    ・負担の削減
    ・栄養補給
    ・パワー(エネルギー)補給
    ・水分補給
    また映像中には、半孤立した状態の小規模部隊を、最大で7日間程度に渡って運用できることが求められることも示されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     ベレッタ社 新制式拳銃M17に対するM9拳銃の優位性をプレスリリースで表明 (2017-10-20 12:25)
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop