NEWS

新たな能力獲得と戦術的優位性の確保を狙う米陸軍の将来兵士イメージ映像

海外軍事
米陸軍ナティック兵士研究開発技術センター(NSRDEC: Natick Soldier Research, Development and Engineering Center)が、将来の兵士像をまとめた映像を公開した。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    それによると将来の兵士は、森林、砂漠、市街地、ジャングル、北極圏…と広範囲な環境を支配し、新たな能力と戦術的優位性を維持する技術の受給者でなければならないとし、以下5項目での取り組みを紹介している。

    ■射撃能力
    ・兵士の性能―認知と肉体
    ・拡張現実
    ・人工的に構築された訓練

    ■機動力
    ・外骨格
    ・兵士の性能
    ・各種兵士システムとの統合化
    ・軽量化

    ■通信能力
    ・センサー化された兵士
    ・兵士管理
    ・ネットウォーリアーとの統合

    ■防護能力
    ・ボディーアーマー
    ・統合頭部防護
    ・シグネチャ管理
    ・隠匿
    ・囮(おとり)

    ■持続能力
    ・兵站要求
    ・負担の削減
    ・栄養補給
    ・パワー(エネルギー)補給
    ・水分補給
    また映像中には、半孤立した状態の小規模部隊を、最大で7日間程度に渡って運用できることが求められることも示されている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    2019年に登場予定。米軍特殊作戦司令部の下で試作開発が進む『TALOS Mark V』
    音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得
    「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される
    ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮
    陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か
    米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     音速爆撃機B-1をガンシップに転用できるウェポンベイの特許をボーイングが取得 (2018-05-25 11:27)
     「ハンヴィー3両自由落下事件」の担当軍曹がサボタージュで処分される (2018-05-24 18:38)
     ブラックホークダウン「モガディシュの戦闘」を経験したJSOCトップがアフガニスタン駐留米軍を指揮 (2018-05-24 16:59)
     陸上自衛隊『特殊作戦群』幹部が「SOFIC 2018」を視察か (2018-05-24 15:53)
     米陸軍が極寒地に展開する兵士に向けて暖かく快適な被服を開発中 (2018-05-24 13:47)
     軍用犬用タクティカル・ヘルメット、K9 Helmの『Trident K9 』 (2018-05-24 11:45)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop