NEWS

米軍デルタフォースがシリアで捕虜救出の地上急襲作戦を決行か。25 名のダーイッシュ戦闘員を殺害

海外軍事

Photo from EUCOM.
Image is for illustration purposes only.
米軍の特殊部隊が 8 日 (日) 、シリア東部において、地上での急襲作戦を実行し、多数のダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIL, ISIS) 戦闘員を殺害していたことが報じられている。

今回の急襲作戦について、ワシントンポストをはじめ、複数の英字紙が報道している内容をまとめると、作戦はシリアの奥深く、ダーイッシュが「首都」と定めている北部のラッカから更に 140 キロメートルほど東に位置する、北東部の都市「デリゾール (Deir al-Zour or Deir ez-Zor) 」にあるユーフラテス川沿いの小さな町、クバール (Kubar) を舞台におこなわれたことが分かっている。クバールは、ダーイッシュにとっては、ラッカを死守する際における「第一防衛線」と考えられている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    1 月 8 日 (日) 午後 2 時半頃、ヘリコプター 4 機に分乗した特殊部隊員らが上空から降下。英国に拠点を置く非政府組織 (NGO: Non-Governmental Organizations) のシリア人権監視団 (SOHR: Syrian Observatory for Human Rights) によると、「およそ 2 時間ほどの急襲作戦において、少なくとも 25 名のダーイッシュ戦闘員が殺害された」としている。

    一方で米国の当局者は、この発表を否定しており、「殺害人数は誇張されている。それよりも少ない」と主張している。また、地元メディアであるユーフラテス・ポストによると、「特殊部隊は地上に降り立ち、数名のダーイッシュ戦闘員を殺害し、その遺体の幾つかを持ち帰った」とも報じている。

    連合軍の広報官を務める米軍のジョン・ドリアン (John Dorrian) 大佐は、作戦決行の事実こそ認めたものの、詳細情報の提供を否定。その為、作戦の具体的なターゲットが明らかではないものの、地元の人権活動家らによると、「 (連合軍は) 人質救出を試みていたのではないか?」としている。

    なお、この件に関連して、シリアの人権活動家グループであるサウンド・アンド・ピクチャー (S&P: Sound and Picture) が、「ダーイッシュにより捕らわれていた囚人 2 名を解放」と報じているが、正式にはその詳細が明かされていない。一方、地元でダーイッシュの蛮行を監視している別の団体によると、殺害されたダーイッシュ戦闘員の遺体の他に、「救出された捕虜の姿らしきものがあった」という目撃者情報も寄せられている。

    この捕虜救出について、地元では予て (かねて) より「この地には重要な秘密の収容所が存在する」「西洋人がその中に収容されている」ことが報告されていたようだ。


    また、米ノースカロライナ州の日刊紙、ファイエットビル・オブザーバーは、国防総省の広報官であるジェフ・デービス (Jeff Davis) 大尉が記者会見の中で、「不特定の "遠征タスクフォース" (expeditionary task force) がこの任務を実行した」「"ルーチン" で "成功だ" 」と発表したことに触れて、「作戦を実行したのは (陸軍最精鋭の特殊部隊である) "デルタフォース" によるものだ」とする「関係者」の発言を紹介している。

    なお、この「遠征タスクフォース」について、アジア圏の英字ニュースサイトでは、名称の中の一文字が違う「ETF (Expeditionary Targeting Force) 」であるとして紹介しているものが目立っている。ETF は、2015 年 12 月に、オバマ政権が「価値あるターゲット (HVT: High-Value Targets) 」として、五指に余るほどしかいないダーイッシュのトップ幹部の首を狙い、その追及の手を強めた新戦略の中で紹介された、デルタフォースを中心とする 200 名ほどの精鋭兵士で構成される派兵部隊。

    関連記事:
    生け捕りされたダーイッシュ (IS) 幹部は化学兵器部門のトップ。米陸軍特殊部隊デルタフォースのお手柄か

    また、インド PTI 通信によると、米軍特殊部隊に帯同した英陸軍特殊部隊 SAS の存在も報じており、「ダーイッシュの首領、アブー・バクル・アル=バグダーディー (Abu Bakr al-Baghdadi) 容疑者の暗殺を企てた作戦だ」と紹介している。

    英軍特殊部隊の動きについては、英国のタブロイド紙であるデイリースターが、対外諜報を担う MI6 (情報局秘密情報部) と、通信傍受や暗号解読といった SIGINT (signals intelligence) を担う GCHQ (Government Communications Headquarters: 政府通信本部) とが、実行部隊である SAS と連携を図っていたとしている。

    関連記事:
    英首相、エリート特殊部隊 SAS に IS 指導者らの捕縛・殺害を許可。SEAL チームも作戦に帯同

    米国が主導する連合軍によるダーイッシュ討伐作戦においては、無人機や空爆による攻撃が殆どとなっており、地上での急襲作戦の実施は数えるほど少ないとされる。

    2015 年 5 月、デルタフォースによるダーイッシュ幹部を狙った夜間襲撃作戦が決行され成功。この時には「ステルスブラックホーク」の投入が噂されており、鮮烈な印象を残している。

    関連記事:
    ステルスブラックホークを投入?米陸軍特殊部隊デルタフォースによる IS 幹部夜間襲撃作戦が成功

    米国務省は 2016 年末に、バグダディ容疑者の拘束につながる情報を提供した場合に、これまでに提示していた 2 倍以上となる、2,500 万ドル (約 30 億円) の懸賞金を提供する用意があることを発表している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術
    国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘
    統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム
    南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計
    カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新
    オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     状況認識能力の向上で戦闘力アップを図る米陸軍の兵士視覚インタフェース技術 (2017-06-23 17:47)
     国土の98%が砂漠地のアフガニスタンでANA戦闘服は森林迷彩?監察官が米国の血税の無駄遣いを指摘 (2017-06-23 14:25)
     統合軽戦術車輌(JLTV)米陸軍最初の配備先は「第10山岳師団」の旅団戦闘チーム (2017-06-22 19:35)
     南アフリカのツルベロ社が各国軍での需要を見込み、イスパノ20×110mm弾を使用する対物狙撃銃を再設計 (2017-06-22 18:11)
     カナダ軍特殊部隊JTF-2スナイパーが、3,450メートルの狙撃を成功。世界最長距離の公認狙撃記録を大幅更新 (2017-06-22 13:27)
     オーストリアが対テロ特殊部隊「コブラ」用にラインメタル製レーザー・ライト・モジュール「VarioRay」を発注 (2017-06-21 19:25)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop