アメリカ国防総省 マグプル社のポリマー弾倉「PMAG」の購入総額は約1,300万ドルと発表

海外軍事エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連

Photo from Magpul Industries
アメリカ国防総省は先日、弾倉の購入の競争入札の結果3社の応札を経て、マグプル社と調達契約を交わしたと発表した。契約額は1279万2000ドル(約14億4千万円)。ユーザーは陸軍、空軍、海兵隊となっており、長らく二の足を踏んでいた陸軍もPMAGを導入することに落ち着いたようだ。

参考:アメリカ海兵隊がマグプル社のポリマー弾倉「PMAG」の使用を全軍に承認 - ミリブロNews
参考:アメリカ陸軍もポリマー弾倉「PMAG」の採用を検討開始 - ミリブロNews
参考:アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 - ミリブロNews

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo by Spc. David Barnes
    Representational photo.
    ポリマー樹脂製のパーツは弾倉に限らず銃の主要部品に使われるケースが増えてきている。「温度の変化に弱い」という弱点もPMAGは設計でカバーしており、今後も様々なギアが樹脂に置き換えられていくものと思われる。

    参考:マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 - ミリブロNews

    Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
    Chaka (@dna_chaka)
    世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される
    「登場人物の多くは偽名」「ODA 595のうち乗馬経験者は1人」…映画「12 Strong」の裏話
    H&K社の新型ポリマー弾倉「HK GEN3 PM」がEUの知的財産庁に登録
    ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス
    チェコがイラクに陸軍「第601特殊部隊グループ」の精鋭×最大200名の派兵を検討
    中国北方工業公司のロゴが入ったグロックのクローンフレームが目撃される
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     M27IARをベースにしたアメリカ海兵隊の新型分隊選抜射手小銃「M38」が目撃される (2018-01-23 10:27)
     「登場人物の多くは偽名」「ODA 595のうち乗馬経験者は1人」…映画「12 Strong」の裏話 (2018-01-22 18:42)
     H&K社の新型ポリマー弾倉「HK GEN3 PM」がEUの知的財産庁に登録 (2018-01-19 20:36)
     ドイツ・バイエルン州警察の制式ピストルが現行「H&K P7」から「H&K SFP9」へリプレイス (2018-01-19 16:40)
     チェコがイラクに陸軍「第601特殊部隊グループ」の精鋭×最大200名の派兵を検討 (2018-01-19 14:45)
     中国北方工業公司のロゴが入ったグロックのクローンフレームが目撃される (2018-01-18 19:40)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop