アメリカ国防総省 マグプル社のポリマー弾倉「PMAG」の購入総額は約1,300万ドルと発表

海外軍事 エアソフト・サバゲー・実銃・アウトドア関連 Comments(0)

Photo from Magpul Industries
アメリカ国防総省は先日、弾倉の購入の競争入札の結果3社の応札を経て、マグプル社と調達契約を交わしたと発表した。契約額は1279万2000ドル(約14億4千万円)。ユーザーは陸軍、空軍、海兵隊となっており、長らく二の足を踏んでいた陸軍もPMAGを導入することに落ち着いたようだ。

参考:アメリカ海兵隊がマグプル社のポリマー弾倉「PMAG」の使用を全軍に承認 - ミリブロNews
参考:アメリカ陸軍もポリマー弾倉「PMAG」の採用を検討開始 - ミリブロNews
参考:アメリカ空軍もマグプルのポリマー樹脂製弾倉「PMAG」の使用を許可 - ミリブロNews

Photo by Spc. David Barnes
Representational photo.
ポリマー樹脂製のパーツは弾倉に限らず銃の主要部品に使われるケースが増えてきている。「温度の変化に弱い」という弱点もPMAGは設計でカバーしており、今後も様々なギアが樹脂に置き換えられていくものと思われる。

参考:マグプル副社長が「Gen M3のPMAGは極低温環境で壊れやすい」という米陸軍のテスト結果に反論 - ミリブロNews

Text: Chaka (@dna_chaka) - FM201712
Chaka (@dna_chaka)
世界の様々な出来事を追いかけるニュースサイト「Daily News Agency」の編集長。


同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
米軍特殊部隊向け「分隊照準レーザー(SAL)」にL3インサイト提案の『NGAL』が採用
米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化
韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 米軍特殊部隊向け「分隊照準レーザー(SAL)」にL3インサイト提案の『NGAL』が採用 (2018-09-26 12:37)
 米空軍の開発したスマホ用アプリ『BATDOK』を医療メーカーのフィリップス社が商品化 (2018-09-25 16:17)
 韓国防衛展示会でムン・ジェイン大統領が国内エアガンメーカーGBLS社製『DAS T2A VER』を試射 (2018-09-25 12:17)
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop