NEWS

米陸軍デルタフォースなどで構成される遠征標的部隊 (ETF) がダーイッシュ (IS) 最高幹部の一人を殺害

海外軍事

Photo by Al Vogel / Dugway Public Affairs
Image is for illustration purposes only.
先週明らかとなった、シリアでおこなわれた「米陸軍特殊部隊デルタフォースによる襲撃作戦成功」の一報について、その後新たな情報が出ていた。

関連記事:
米軍デルタフォースがシリアで捕虜救出の地上急襲作戦を決行か。25 名のダーイッシュ戦闘員を殺害

10 日 (火)、国防総省がダーイッシュ幹部 1 名と、少なくとも 1 名の戦闘員の殺害を確認。今回の作戦で、ダーイッシュ (Daesh, IS, Islamic State, ISIS, ISIL) 最高幹部 (senior leader) の 1 人、「アブ・アナス・アル=イラク (Abu Anas al-Iraqi) 」の殺害が報告されている。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る

    Photo from Twitter
    アブ・アナス容疑者は、強盗、誘拐による人質身代金、強奪した石油・ガスの密売、支配地域での税収などで集められたダーイッシュの活動資金を監視・管理している立場にある「財務大臣 (finance minister) 」のポストに当たる人物。

    カウンターテロを担当している米当局の公式情報をソースに、複数のメディアが報じた内容によると、作戦を実行したのは「遠征標的部隊 (ETF: Expeditionary Targeting Force) 」。

    ETF については既報の通り、2015 年 12 月にバラク・オバマ (Barack Obama) 政権が「価値あるターゲット (HVT: High-Value Targets) 」として、五指に余るほどしかいないダーイッシュのトップ幹部の首を狙い、その追及の手を強めた新戦略の中で紹介された、デルタフォースを中心とする 200 名ほどの精鋭兵士で構成される派兵部隊。

    ニュースで話題となった位置情報を地図で共有する地図情報サービス「Liveuamap」には、作戦実行場所とみられる周辺地図 (35°19′N 40°9′E) が示されていた。同サービスでは、世界各地の戦闘状況がリアルタイムで更新されている。


    8 日 (日) 午後 2 時半頃 、シリア東部の都市「デリゾール (Deir al-Zour or Deir ez-Zor) 」にあるユーフラテス川沿いの小さな町、クバール (Kubar) を舞台におこなわれた作戦には、戦闘機 2 機の護衛を受けた少なくとも 4 機のヘリコプターが参加している。4 機の内の何機かは不明ながらも、アパッチ攻撃ヘリコプターが含まれていことが分かっている。
    (なお、ニュースサイトによっては「6 機のアパッチヘリコプターが襲撃した」とするものもある)


    Photo Credit: Sgt. Jesse Smith
    Image is for illustration purposes only.
    作戦内容について詳報している ABC ニュースによると、この日メンバー 1 名を伴いトラックで移動中だったアブ・アナス容疑者を、米軍の特殊部隊がヘリコプターを使って上空から追跡。ヘリコプターからの攻撃を受けた車輌は大破し、搭乗していたアブ・アナス容疑者らが死亡している。

    なお、この作戦で「負傷した米国人はいない」とのこと。
    作戦成功の一報を受けて、英字紙の多くは、オバマ大統領在任中の「置き土産」的に報じている。

    また、前回お届けした中で「不特定の "遠征タスクフォース" (expeditionary task force) がこの任務を実行した」「"ルーチン" で "成功だ" 」と発表した、国防総省のジェフ・デービス (Jeff Davis) 広報官は、「作戦は、ソーシャルメディアで報じられているような人質救出を狙ったものではなく、捕虜になっている人物もいない」と真っ向から否定している。

    ちなみに、「今回の作戦で少なくとも 25 名のダーイッシュ戦闘員が殺害された」という報道についても、前回の投稿でも触れていたとおり、米側は当初の時点で「誇張されている」「実際はもっと少ない」と否定している。

    なお、アブ・アナス容疑者についてはダーイッシュ最高幹部の中でも、あまり名が知られていないとのことで、2 年前には確たる情報ソースではないものの、同名の幹部について殺害報道が流れていたとのこと。しかし今回、米当局はきっぱりと「我々の作戦で彼は死亡した」と公言している。

    CNN によると、アシュトン・カーター (Ashton Carter) 米国防長官は、公共放送サービス (PBS) での会見の中で、ダーイッシュ最高指導者アブバクル・バグダディ (Abu Bakr al-Baghdadi) 容疑者について触れて述べており、「彼の排除はもう間も無くだ」「その余命は絶対に長くない」と自信を持った発言をしており、ダーイッシュ討伐作戦が大きな局面に近付いていることを示唆している。

    カーター長官は、バグダディ容疑者の正確な居場所について「例え知っていたとしても明かさない」としているが、ABC ニュースによると、「バグダディ容疑者はイラク第二の都市モースルに潜伏しているとみられる」と報じている。

    米国務省は 2016 年末に、バグダディ容疑者の拘束につながる情報を提供した場合に、これまでに提示していた 2 倍以上となる、2,500 万ドル (約 30 億円) の懸賞金を提供する用意があることを発表している。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中
    オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施
    HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長
    「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装
    欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か
    『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     米陸軍が暗闇でも顔認識し、高価値容疑者(HVT)の捜索に寄与する技術を開発中 (2018-04-19 15:27)
     オーストリア軍特殊部隊『ヤークトコマンド』がショッピングモールを使った初の対テロ訓練を実施 (2018-04-17 13:14)
     HK社によりアップグレードされた英軍『SA80A3』は2025年まで耐用年数を延長 (2018-04-16 19:35)
     「野生のヘビすら気付かない」。米州兵スナイパーが完璧に擬装 (2018-04-16 16:19)
     欧米銃器メーカーのインド生産が数年内に拡大か (2018-04-16 14:05)
     『F90 CQBライフル』がインドで現地生産に。タレスとMKUが覚書を交わす (2018-04-13 20:06)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop