NEWS

米海兵隊 武装偵察部隊(フォース・リーコン)

海外軍事
米海兵隊の武装偵察部隊である「フォース・リーコン(Force Recon)」は、本隊の移動に先駆けてその前衛に配置され、進行方面の状況を偵察しつつ敵を警戒する任務を請け負う「斥候(せっこう)」に特化した部隊。

ミリMONO

    loading
    ミリMONOをもっと見る
    「特殊な作戦を遂行できる【一定の能力】を持つ(special operations capable forces)」エリート部隊ではあるが、海兵隊の「特殊部隊」として知られている「MARSOC」が、特殊作戦司令部(SOCOM)隷下であるのに対して、フォースリーコンは純然たる海兵隊直下の部隊であることから、一般的には所謂(いわゆる)「特殊部隊」のくくりにカウントされない。

    そして、MARSOCが2006年の創設に対して、フォースリーコンの起源は1950年代に遡ることができる。

    関連記事:
    在日米海兵隊、武装偵察部隊 (フォース・リーコン) の日本語字幕付き紹介トレーラーを公開

    また、MARSOCが、直接行動(DA)、特殊偵察(SR)、対テロ(CT)、海外内部防衛(FID)、保安部隊補助(SFA)、対反乱活動(COIN)、大量破壊兵器捜索、非正規戦闘支援などの任務を請け負うのに対して、フォースリーコンは当時も今も変わらず、敵陣営奥深くに潜入し、敵戦力の状況を偵察することに徹している。

    関連記事:
    特集:米軍特殊部隊 ― アメリカ海兵隊特殊部隊 MARSOC「レイダース」編

    加えて、海軍特殊部隊シールズ(SEALs)との比較を受けることも多いが、シールズが敵の「排除(殺害)」を目的とした実動部隊であるのに対し、フォースリーコンはあくまでも「情報収集」が主務となる。

    本稿冒頭で掲出した映像は、ここミリブロNewsの過去記事でも紹介したことのある、海兵隊公式デジタルメディア各所で既出のトレーラーから構成された、総集編的なものに仕上げられている。

    同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
    オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催
    ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給
    きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士
    サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売
    作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表
    サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像
    同じカテゴリー(海外軍事)の記事
     オーストラリアの戦争記念館で「特殊部隊」の戦史を紹介する特別展「フロム・ザ・シャドウズ」が1年間に渡って開催 (2017-10-19 18:23)
     ニュージーランド国防軍がバレット社製スナイパーライフルM107A1/MRADを計82挺購入。2018年度中旬に支給 (2017-10-19 12:32)
     きっかけはインスタグラム。国内外の銃器関連企業とモデル契約を結ぶ元イスラエル軍の女性兵士 (2017-10-18 22:16)
     サファリランドが純国産の戦術通信用ヘッドセット「リベレーター(Liberator)IV/V」を新発売 (2017-10-18 21:24)
     作戦現場の映像に遠隔からアクセスができ、リアルタイムに脅威評価。MOHOCとDTCがワイヤレスソリューションを発表 (2017-10-17 21:15)
     サイエンスフィクションの世界を現実に、米陸軍ナティック兵士研究開発技術センターによる将来の兵士装備像 (2017-10-17 12:07)

    この記事をブックマーク/共有する

    この記事をはてなブックマークに追加

    新着情報をメールでチェック!

    ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

    [入力例] example@militaryblog.jp
    登録の解除は →こちら

    ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

    PageTop