NEWS

米海兵隊の実験部隊(RSTAC)によるスナイパー実地演習映像

海外軍事 Comments(0)



Photo: Courtesy Photo
米海兵隊・第1海兵師団が、カリフォルニア州フォート・アーウィンで2日におこなったスナイパー実地演習(Sniper FEX, Field EXercise)の映像を公開した。
訓練には、「連隊付きの偵察・目標捕捉中隊(RSTAC: Regimental Surveillance and Target Acquisition Company)」なる部隊が参加している。スカウトスナイパー(前哨狙撃兵)における実戦想定の訓練が設計されており、RSTACはその実験的な1個中隊という位置付け。


Photo: Courtesy Photo
.50 BMGを使ったバレットM107や、新型ボルトアクションのM40A6といったスナイパーライフルでの狙撃や、バラキューダネットが掛けられたポラリス社製の全地形対応車輌「レーザー」を使った移動の他、偵察・監視といった行動要領の確認がおこなわれている。

関連記事:
米海兵隊 M40 スナイパーライフルの最新バージョン「M40A6」

同じカテゴリー(海外軍事)の記事画像
カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている
民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か
ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』
米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか
「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か
オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示
同じカテゴリー(海外軍事)の記事
 カラシニコフの新型自動小銃AK-12の弾倉にはフル装填インジケーターが備わっている (2018-09-21 12:49)
 民間軍事企業ブラックウォーター社の創業者がアフガンの治安維持を民営化するプランでトランプ大統領に接近か (2018-09-21 12:08)
 ブラジル・リオデジャネイロ州軍警察特殊部隊『ボッピ(BOPE)』 (2018-09-21 11:11)
 米軍の制式拳銃トライアルでグロック社はなぜシグ社に敗北したのか (2018-09-20 13:10)
 「中国版ブラックホーク」Z-20ヘリが11月の中国国内エアショーで展示か (2018-09-20 12:35)
 オランダ陸軍が一部部隊向けショットガン約300丁の調達を公示 (2018-09-20 10:47)
この記事へのコメント
コメントを投稿する

この記事をブックマーク/共有する

この記事をはてなブックマークに追加

新着情報をメールでチェック!

ミリブロNewsの新着エントリーをメールでお届け!メールアドレスを入力するだけで簡単にご登録を頂けます!

[入力例] example@militaryblog.jp
登録の解除は →こちら

ひとつ前のニュース ひとつ次のニュース

PageTop